オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

交野市で雨漏りの現場調査に行きました。


交野市にお住いのお客様より、瓦が落ちてくるとお問い合わせがありましたので現場調査にお伺いしました。

雨漏り現状
屋根から瓦が落ちてくると伺い現場に着き、お話を聞いていると天井にシミみたいなのがあるとのこと
部屋に入らせて頂き確認したら、大きなシミがありました。
ポタポタ音がしないから、雨漏りときずかなかったみたいです。
今日は雨でしたけどはしごを掛けました。
漆喰落下状況
慣れていても雨の日は滑る危険があるので慎重に登りました。
先ず目についたのが漆喰(しっくい)が転がっていました。
ちゃんと漆喰は塗っていても、経年劣化によりはがれてきます。10年に一度は点検等をおすすめします。

屋根の上は滑りやすく高所ですので大変危険です。専門の業者さんに見てもらうようにしてください。
鬼瓦まわり漆喰
その欠落部分です。
鬼瓦の周りの漆喰がなくなり、空洞になっています。
微量ですが雨水は中に浸入しています。

瓦いて状況
瓦が落ちていると伺った原因がわかりました。
瓦が凍て(いて)ていました。ひどい箇所はうす焼きせんべい位の厚みしかありませんでした。

瓦の凍て・・文字通り凍るのですが、瓦に含まれる微量の水分が凍ったり溶けたりを繰り返し、水分の体積が膨張し瓦が割れてしまう現象です。詳しくはこちら▷▶凍て割れ【いてわれ】とは、瓦が凍てて表面が剥離してしまう現象です
棟瓦現状
元々真っ白な漆喰は黒ずんでいます。
また棟(むね)は大丈夫そうに見えますが中の台土が痩せていき勾配がなくなってきていました。

・・・屋根面の合わさった山折りになっている箇所
下地雨漏り
最初の天井のシミ近辺の瓦をはがしました。
トントン板と言われる薄い杉板が変色しています。土の端っこ辺りも雨水により流されていきサラサラになっていました。
じゃじゃ漏れ
もう一段上の瓦もめくりました。
隅棟(すみむね)ののし瓦と漆喰の間から雨水の浸入がみられます。
谷際瓦状況
下屋根に降りまして先ず目にとまったのが谷瓦がかなりズレていました。
聞けばこの下も雨漏りしているらしいです。
銅板の谷板金なので、酸性雨の影響により穴のあく一歩手前でした。この箇所の雨漏りは相当な雨量が漏ってしまいますので怖い箇所です。
瓦凍て
あちこちに大屋根同様、凍ての箇所がみられました。
瓦の寿命等により棟の積み替え、瓦の差し替え、谷板金の入替え
あとは全部葺き替えの提案をさせていただきます。
びしょ濡れやから早く風呂に入りたいです。
後日お客様に、お写真とお見積書でご説明にあがらせて頂きました。

弊社では、屋根の状況をお写真で撮影し、現状の説明と補修など必要な場合は工事のご提案をさせて頂きます。
調査の結果問題なし!ということもございます
長いこと屋根点検・メンテナンスをしていない方は一度無料点検を受けられてい見てはいかがでしょうか?

雨漏りにお困りの方はこちらのコラムをご覧ください。

街の屋根やさん 大阪門真店 0120-198-060

同じ工事を行った施工事例

施工事例

寝屋川市で和型瓦からリッジウェイに葺替えて屋根を軽量化されました。

和型屋根の葺替工事前
リッジウェイでの葺上工事完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
リッジウェイ
築年数
35年
建坪
15坪
保証
10年
工事費用
80万円(足場費込)
施工事例

枚方市 青い瓦の屋根からカラーベストにリフォーム工事を行います

瓦現状
完成写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
カラーベスト
築年数
建坪
保証
5年
工事費用
施工事例

寝屋川市 築40年近い屋根をいぶし瓦で葺き替え工事を行いました

工事前(和型いぶし瓦)
和型いぶし瓦完工写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
和型瓦(いぶし瓦)
築年数
約40年
建坪
保証
5年
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

交野市 カラーベスト屋根のカバー工事をカレッセで行いました

施工前写真
カレッセ使用でカバー工法完成写真
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
カレッセ
築年数
建坪
保証
5年
工事費用
施工事例

交野市でMFシルキーのカバー工事をしました。

カラーベスト苔
MFシルキー完成写真
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
築年数
20年
建坪
20坪
保証
5年
工事費用
約65万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

守口市 アスファルトシングル材屋根調査

守口市の工場屋根の雨漏り調査を行いました。こちらの屋根はアスファルトシングル材で葺かれています。経年劣化や風災で砂石が剥げ、アスファルト材が露出していたり、かがれ落ちて下地のルーフィングが露出しているところがたくさんありました。雨漏り箇所の...........

大東市和瓦屋根

施工前写真です。棟部分が経年劣化や震災の影響でズレを起こしていました。そこから少しずつ雨水が侵入して雨漏りの原因になっていました。

瓦桟を打ち、瓦を屋根に揚げて行きます。

先日からご紹介させて頂いている、大阪狭山市の屋根葺替工事の様子です。前回までは、瓦の解体、そして下地野地の工事までご紹介させて頂きましたが、今回はいよいよ新しい瓦葺の様子を紹介させて頂きます。前回までのブログはこちら!既存いぶし瓦の解体の様...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060