四条畷市の青い釉薬瓦を使った切妻形状屋根の雨漏り調査に伺いました。


四条畷市で雨漏りがするとのことで、切妻屋根(屋根形状)の調査に伺い点検させて頂きました。
昔流行った青色の釉薬瓦で「青緑瓦」(せいろくかわら)と呼ばれる瓦で、30年前は色がモダンだということで全国的に大流行した瓦なのです。
この瓦が葺かれてるわけですから、経年年数は30年以上ということになります。
この当時は瓦の下に土を敷いて、瓦を貼り付けて行くという工法で、土が湿気や雨水が吹き込んだ分などを吸ってくれるという機能があるのですが、30年も経ちますとその土が砂化して、家の受ける様々な振動などにより瓦のズレが発生してしまうのです。
こうなってしまうと、ひどい所のズレを修正しても、全体にズレているので意味がありません。
瓦がずれた状態
かなり瓦がズレています。ここまでズレると、上の瓦との重なりがなくなり、雨水が瓦下に入り雨漏りを起こしています。
隙間から野地(下地)が見えている状態です。
棟部分土がなくなってしまっている
棟際の桟瓦に凍害による瓦の割れが見られます。凍害とは、古くなって吸水率のあがった瓦にしみ込んだ水分が、冬場に凍結膨張などして表面を割ってしまう現象です。(=凍て割れ)
また、棟(むね)の面戸漆喰(めんどしっくい)が剥がれてしまい、葺土が露出しており、またそれを放置しておいたので雨で葺土が削られて、土が無くなってきています。そうなると上の熨斗瓦(のしかわら)が支えがなくなり、ズレてしまっています。
鬼瓦がこけて落下しそうです
棟の鬼瓦部分も引っ張ってある銅線が劣化して伸び、鬼瓦が前にコケかかっています。いずれ切れて落下したら大変なことになりますので、再度縛り直しなどの修理が必要です。
それと、鬼瓦の廻りに塗る、漆喰も跡形もなくなくなっているので、鬼瓦の後ろの穴が丸見えになってますね。
屋根全景
屋根の全体写真です。平部の桟瓦のズレ、棟瓦のズレからくる雨漏り、平部に点在する凍害瓦を見ますと、瓦自体も寿命で補修をするにも多くの予算を費やすので、耐震も考えて軽量瓦での葺き替え工事で提案をさせて頂きました。
門真、寝屋川、四条畷、大東、守口辺りではこのように昭和40年台、50年代に建てられた住宅も多く、そのほとんどが色つきの和型の釉薬瓦なので、まだ点検をされておられなければ屋根の点検をお勧めします。
街の屋根やさん大阪門真店は、点検、見積り無料ですのでお気軽にお問合せ下さい。

雨漏りにお困りの方はこちらのコラムもご覧ください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

寝屋川市で和型瓦からリッジウェイに葺替えて屋根を軽量化されました。

和型屋根の葺替工事前
リッジウェイでの葺上工事完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
リッジウェイ
築年数
35年
建坪
15坪
保証
10年
工事費用
80万円(足場費込)
施工事例

門真市で和瓦の棟の段積から7寸丸棟瓦へ葺替工事を行いました

30年経った和瓦屋根です。
7寸丸瓦で棟の葺替工事を行いました。
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
和型釉薬瓦
築年数
30年
建坪
15坪
保証
工事費用
25万円
施工事例

八尾市 うねっている棟瓦を丸伏せ工法で積み替え工事を行いました

八尾市 棟がうねってきています
八尾市 丸伏せ工法完成
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
釉薬瓦(7寸丸瓦)
築年数
建坪
保証
工事費用
約45万円

同じ地域の施工事例

施工事例

四條畷市 MFシルキーの黒色で屋根カバー工事を行いました

工事前
カバー工法完成
工事内容
屋根カバー工事
足場
使用素材
福泉工業㈱ MFシルキー
築年数
25年
建坪
20坪
保証
5年
工事費用
約73万円(足場込み)
施工事例

四條畷市 棟瓦が崩れていたので丸瓦で棟の取り替え工事を行いました

熨斗瓦が崩れてしまっています。
7寸丸棟瓦を並べて完成
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
7寸丸瓦(釉薬瓦)
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

四條畷市 3階建ての一軒家で外壁塗装工事を行いました

塗装前
外壁塗装工事完了
工事内容
外壁塗装
足場
使用素材
築年数
25年
建坪
20坪
保証
工事費用
約70万円(足場込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

門真市棟漆喰

雨漏りの一つ目の原因として、大屋根の棟漆喰全体がこのように外側にでているのがわかると思います。本来は、棟の内側にくるのが理想なのですが、これでは、雨水が伝いやすく内側に入りやすいので、雨漏りの原因につながります。ここまで厚く塗っているとゆう...........

東大阪市門屋補修前

ここの、角の部分に、トラックがバックでぶつかったのですが、瓦だけでなく木の土台や雨樋にも当たっています。

ブルーシート劣化

昨年の台風21号後におそらくブルーシートを貼り、養生をしていたと思われますが写真のようにブルーシート及び飛ばないように押さえていた土のう袋が劣化してボロボロになっていました。瓦の上に砂が流れ落ちて、放っておくと雨漏りにつながるかもしれません...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060