オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

寝屋川市 雨漏り調査の結果、隅棟と谷板金の工事を行いましたE様邸


寝屋川市にお住いのE様より雨漏りのご相談でお問い合わせがありました。
現場調査の結果、雨漏りの原因は瓦のズレではなく、棟瓦の割れでした。
あまり費用もかけたくないとの事でしたので、雨漏り箇所のみの工事をいたしましたので、ご紹介いたします。

隅棟(すみむね)の積み替え工事と、谷板金の取り替え工事をご紹介いたします。

隅棟の積み替え工事

隅棟積み替え工事前
隅棟(すみむね)の積み替え工事前のお写真です。
棟瓦にコーキング工事がされていました。
緊結線も切れてない箇所が数か所ありました。
既存棟瓦解体
既存の棟瓦と土を解体撤去しました。
コーキングされていたので、使用できません。新しい瓦を使っていきます。
棟下の土が濡れている
この上に乗っかっていた半丸の瓦を5寸丸瓦と言います。めくるとしたの葺き土がしっとり濡れていました
のし瓦を積んでいく
白色のなんばん漆喰(しっくい)を盛ってのし瓦を積み上げていきました。一見簡単そうに見えますが、勾配をつけ絶妙な角度になっているので熟練の職人さんにしかできません
棟瓦積み替え工事後
大棟との取り合い部にもしっかり漆喰を塗り工事完了です!
丈夫で酸性雨にも強い、ホルマリン線で緊結することで以前より頑丈になっています。

瓦屋根では、約10年に一度漆喰の塗りなおし工事が必要とされています。
瓦そのものは長持ちしますので、定期的なメンテナンスで屋根をいたわってあげてください(^^)

谷板金取り替え工事

谷板金取り替え工事前
こちらは谷板金の取り替え前のお写真です。
かなり錆びていましたので、取り替え工事をおこないました。
つついたら穴が開いてしまいそうなくらいでした。ここまでくると雨漏りの危険性が高まっています。塗装より取り替えされることをお勧めいたします。

谷板金、平瓦解体
谷板金と、谷際の平瓦を解体し・撤去していきます。
屋根土も処分しました。
つついたら穴が開いてしまうくらい錆びていました
ガルバリウム鋼板を使用
新しい谷板金には、酸性雨にも対応可能な、ガルバリウム鋼板を使用しました。

谷板金際の平瓦も戻していきます。白く見えているのは漆喰です。際に漆喰を塗り、瓦の葺き直しをしました。

谷板金の取り替え工事例はこちらをご覧ください。

雨漏りすると、屋根全部をやり替えなければいけないと思われる方もいらっしゃいますが、状態によっては部分補修で直るケースも多々あります。屋根の事でお困りの方はお気軽にお問い合わせください

街の屋根やさん 大阪門真店 0120-198-060

同じ工事を行った施工事例

施工事例

門真市で和瓦の棟の段積から7寸丸棟瓦へ葺替工事を行いました

30年経った和瓦屋根です。
7寸丸瓦で棟の葺替工事を行いました。
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
和型釉薬瓦
築年数
30年
建坪
15坪
保証
工事費用
25万円
施工事例

四條畷市 棟瓦が崩れていたので丸瓦で棟の取り替え工事を行いました

熨斗瓦が崩れてしまっています。
7寸丸棟瓦を並べて完成
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
7寸丸瓦(釉薬瓦)
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

枚方市 雨漏りしている屋根の棟瓦取り替え工事を行いました

現状写真
完成写真
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
7寸丸瓦
築年数
建坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

寝屋川市で和型瓦からリッジウェイに葺替えて屋根を軽量化されました。

和型屋根の葺替工事前
リッジウェイでの葺上工事完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
リッジウェイ
築年数
35年
建坪
15坪
保証
10年
工事費用
80万円(足場費込)
施工事例

寝屋川市 スレート屋根の棟包み板金取り替え工事を行いました

棟板金現状
完成写真
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

寝屋川市 築40年近い屋根をいぶし瓦で葺き替え工事を行いました

工事前(和型いぶし瓦)
和型いぶし瓦完工写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
和型瓦(いぶし瓦)
築年数
約40年
建坪
保証
5年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

枚方市谷雨漏り

玄関上にある銅板で出来ている屋根と瓦の屋根との境目にある谷部分付近で雨漏りがしているとの事で谷部の補修とその付近の瓦を積みなおしていく工事です。

枚方市屋根調査

以前調査を行ってから日にちが経ってからの補修でしたのでもう一度現場調査を行ってからの補修になりました。時間が経つにつれて屋根の傷み方も変わっていきます。大幅に変わってしまうと料金も変わってしまいますのでお見積りには期限があります。

2020-06-27-10.42.39

郊外や、市内などに良く見られる、昭和50年台に建てれた築40年ぐらいのの釉薬和形瓦屋根の家。見た目には大きな問題はなく、普段の雨では雨漏りもしないのですが、梅雨時や秋の長雨の時、風が強い横殴りの雨の時などには雨漏りを起こすという事例はよく見...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060