オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

寝屋川市で雨漏りをしているコロニアル屋根をカバー工事で施工しました。


寝屋川市にお住いのお客様より、雨漏り相談のご連絡がございました。

お話を伺うと、数年前にコロニアル屋根(スレート屋根)が雨漏りしているからご自身で塗装工事をしました。

すると最近になり雨漏りがひどくなったと言うことでお問い合わせをくださったそうです。

屋根調査を行いまして、MFシルキーという屋根材でカバー工事を行いましたのでその様子をご紹介いたします  
工事前
工事前の写真です。
右半分から色が濃い箇所は以前にお客様自身が雨漏りがするからと塗装を施工した部分です。
今回はその他の部分からも全体的に雨漏りがしているとのことでした。

谷より右側、塗装済、左側、メンテナンスなし
見た目はさほど悪くなさそうですが、カラーベスト自体が浮いて反り返っていたり表面にひび割れ等が多数生じていました。
塗装された箇所の拡大
塗装工事をした写真です。
かなり重ね塗りされたのか?厚みがあります。
しかしながら瓦の隙間から入り込んだ雨水が下の瓦に流れていくのが困難な状況でして雨漏りをしています。
この面の上を歩くと下地がかなり傷んでいました。
塗装されている屋根だけ、コンパネ貼り
先ほどの塗装面は下地の構造用合板を張り替えました。
その上にゴムアスルーフィングを貼りました。
棟板金解体
塗装をしていない面も棟板金の中にあるヌキ板がびしょぬれでした。

棟(むね)・・・屋根面が山折り状に合わさっている箇所です。
粘着ゴムアスルーフィング貼り
こちらは粘着ゴムアスルーフィングを貼り金属屋根材のMFシルキーを葺いていきます。
カバー工事は既存の屋根材の上から被せる工事でして、瓦の撤去費用がいらなくて、工期も短縮できます。
また重量もほとんど屋根に負担がかからないくらいに軽量です。
棟板金・取り付け
棟板金を固定するためにヌキ板は必要ですが、横からの雨が入って木が腐らないように縁にシーラーを貼り対応します。
工事完了
完成写真です。
今回はグリーン色を使用しました。
ありがとうございました。

MFシルキーでカバー工事を行いました過去のブログもよろしければご覧ください♪
間違った施工方法で屋根塗装された場合や、コーキングで屋根の隙間をなくしてしまうラバー工事は、かえって雨漏りの原因となってしまいます。
ラバー工事について詳しくはこちらをご覧ください。

温かくなり、梅雨シーズンも近づいてきます。雨漏り被害が出る前に定期的な点検も合わせて視野に入れて見てはいかがでしょうか。こちらのコラムもご参考までに(^^)/
弊社では、屋根点検・お見積り説明まで完全無料ですのでお気軽にご利用ください♪屋根専門のスタッフが駆け付けます

街の屋根やさん 大阪門真店

同じ工事を行った施工事例

施工事例

寝屋川市で和型瓦からリッジウェイに葺替えて屋根を軽量化されました。

和型屋根の葺替工事前
リッジウェイでの葺上工事完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
リッジウェイ
築年数
35年
建坪
15坪
保証
10年
工事費用
80万円(足場費込)
施工事例

枚方市 青い瓦の屋根からカラーベストにリフォーム工事を行います

瓦現状
完成写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
カラーベスト
築年数
建坪
保証
5年
工事費用
施工事例

寝屋川市 築40年近い屋根をいぶし瓦で葺き替え工事を行いました

工事前(和型いぶし瓦)
和型いぶし瓦完工写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
和型瓦(いぶし瓦)
築年数
約40年
建坪
保証
5年
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

寝屋川市で和型瓦からリッジウェイに葺替えて屋根を軽量化されました。

和型屋根の葺替工事前
リッジウェイでの葺上工事完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
リッジウェイ
築年数
35年
建坪
15坪
保証
10年
工事費用
80万円(足場費込)
施工事例

寝屋川市 スレート屋根の棟包み板金取り替え工事を行いました

棟板金現状
完成写真
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

寝屋川市 築40年近い屋根をいぶし瓦で葺き替え工事を行いました

工事前(和型いぶし瓦)
和型いぶし瓦完工写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
和型瓦(いぶし瓦)
築年数
約40年
建坪
保証
5年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

守口市 アスファルトシングル材屋根調査

守口市の工場屋根の雨漏り調査を行いました。こちらの屋根はアスファルトシングル材で葺かれています。経年劣化や風災で砂石が剥げ、アスファルト材が露出していたり、かがれ落ちて下地のルーフィングが露出しているところがたくさんありました。雨漏り箇所の...........

大東市和瓦屋根

施工前写真です。棟部分が経年劣化や震災の影響でズレを起こしていました。そこから少しずつ雨水が侵入して雨漏りの原因になっていました。

瓦桟を打ち、瓦を屋根に揚げて行きます。

先日からご紹介させて頂いている、大阪狭山市の屋根葺替工事の様子です。前回までは、瓦の解体、そして下地野地の工事までご紹介させて頂きましたが、今回はいよいよ新しい瓦葺の様子を紹介させて頂きます。前回までのブログはこちら!既存いぶし瓦の解体の様...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060