オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大東市 法人所有の長屋屋根の塩焼瓦の補修を行いました。


大東市の企業様からお問合せを頂き、所有の長屋の屋根が雨漏りを起こしており、また会社窓からその長屋の屋根が見えるのですが、そこから見ると瓦が割れているとのことで、現地調査をさせて頂くと、塩焼瓦という瓦で古くなると冬場に瓦が含んだ水分が凍結膨張して瓦の表面を割ってしまう、「凍害」という現象が見られやすい瓦で、現在では生産されてなく手に入れることもできません。しかし、サイズは現在の和形釉薬瓦と同じですので、釉薬瓦の類似色での補修工事を行うことができます。
割り付け上、冠瓦が葺かれてる部分にコーキングがべっとり塗られています。
修理する長屋の屋根ですが、かなり広範囲に凍害瓦が見られますよね。また、左側に縦に冠瓦が並べれられているのですが、瓦の割り付けが悪い時はこのように縁切れさせて葺くことがあるのですが、その冠瓦の側面にかなりコーキングがべとり塗られてますので、過去に雨漏りなどを起こしたんでしょうね。雨漏りもこの部分からの可能性が高いので、この冠瓦を葺き替えてしまいます。
棟の瓦も、桟瓦も凍害でボロボロになっています。
棟のノシ瓦も凍害が見らえますますね。面戸漆喰も劣化して黒ずんでしまっておりますので、一部は剥がれかけてしまっています。
この棟のノシ瓦の交換と、面戸漆喰の塗り替えも必要になりますね。
凍害で角が割れた瓦を外して交換します。
凍害で角部分が割れた塩焼瓦を交換するために外します。
凍てて表面が割れた塩焼き瓦を釉薬瓦に交換です。
新しく和形釉薬瓦の並べて行きます。塩焼瓦はとっくに廃板で手に入りませんので、類似色で対応します。
凍害で塩焼瓦の表面が割れてしまっています。
こちらの面も凍害で割れた塩焼瓦が多数、左側は瓦が浮き上がってしまってますね。
凍てて表面が割れた瓦を交換しました。
この面の凍害瓦も類似色の釉薬瓦で交換。ズレ部分も補修致しました。
割り付けの関係上、冠瓦が葺かれていた部分を解体します。
縦に並べられた冠瓦をすべて外します。砕けた土も取り除きます。
新しい釉薬瓦をビスで留めつけて行きます。
悪い瓦は釉薬瓦に交換して、南蛮漆喰を置いて瓦をビス止めで留めて行きます。
面戸漆喰の塗り替えも完了です。
棟の凍てたノシ瓦の交換、面戸漆喰も塗り替え完了しました。鬼瓦の廻りのしっかり漆喰を巻きます。
凍害瓦の交換、冠瓦の取り直しが完了です。
縦の冠瓦の葺き直しも完了し、凍害で割れた塩焼瓦も釉薬瓦に交換して工事が完成しました。
塩焼瓦で葺かれた屋根は40年以上が経過してしているので、本来ならば葺替をお勧めするのですが、様々な事情もございますので、その要望にお応えできる補修工事などの提案をさせて頂きます。
これから、梅雨などがやってきますが、その季節になりますと雨漏りの修理依頼などが多く入り、すぐに対応できない場合がございますので、梅雨が来る前に屋根点検して屋根のメンテナンスしておきませんか?
屋根の点検は、お気軽に
「街の屋根やさん大阪門真店」にお問合せ下さい。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

守口市 棟板金の取り替え工事と瓦の差し替え工事を行いました

守口市 ナショナルアルデージュ
守口市 棟板金取り替え工事完成写真
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

門真市 破損した和瓦屋根の端3列の葺き直し工事を行いました

工事前
完成写真2
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
使用素材
釉薬瓦
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

寝屋川市 利根丸下の瓦を交換するには一度解体する必要があります

応急処置
平瓦完成
工事内容
屋根補修工事
使用素材
和瓦
築年数
建坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

大東市 ルーフテラスの雨押え板金取り付け、コーキング打ち替え工事

既存コーキング取り外し
雨押え板金工事完工
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
JFE鋼板株式会社 極み‐MAX セピア
築年数
約13年程
建坪
保証
工事費用
約15万 (足場含む)
施工事例

大東市でいぶし瓦の谷板金入れ替え及び漆喰工事をしました。

施工前
施工後
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ステンレス製谷板板金
築年数
約25年
建坪
約50坪
保証
工事費用
約50万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

枚方市屋根現調

現場調査時の写真ですが、所々ひび割れが起きていました。屋根材の表面も劣化が起きていて、ザラザラしています。

枚方市谷雨漏り

玄関上にある銅板で出来ている屋根と瓦の屋根との境目にある谷部分付近で雨漏りがしているとの事で谷部の補修とその付近の瓦を積みなおしていく工事です。

枚方市屋根調査

以前調査を行ってから日にちが経ってからの補修でしたのでもう一度現場調査を行ってからの補修になりました。時間が経つにつれて屋根の傷み方も変わっていきます。大幅に変わってしまうと料金も変わってしまいますのでお見積りには期限があります。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060