オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

枚方市 まだまだ残ってます台風被害!お隣からの飛散瓦で破損した部分を補修工事しました!


枚方市のお客様で、3年前の台風21号のおりに隣屋からの瓦が飛散してきて、自宅の袖瓦や、桟瓦が割れ、屋根上に這わしてある樋などが飛散してしまたそうですが、すぐには瓦屋さんは来てくれないし、その後、色んな業者訪問して来るけど、信用できないので、落ち着くまで待っておられ、近隣で工事をされたお客様のご紹介で、今回依頼を頂きました。ありがとうございます!
袖瓦が割れています。
下屋根の右側の袖瓦に割れが見られます。台風の折に隣屋から瓦が飛散してきて割れたとのことです。割れているのが、袖瓦の右側部分のみですので、ケラバの出で躯体自体が壁より出っ張っている部分ですし、位置的に瓦上を雨が流れる谷部分より端の部分が割れているので、雨水もあまり侵入してなかったのも良かったですね。
棟下の桟瓦が割れています。
ここま棟下の桟瓦が割れてしまっています。棟下ということで、雨が流れる量が少なく、割れ方も粉々にならず隙間がほとんどない割れ方だったため、雨水の侵入は最小限で納められたため、室内には雨漏りを起こしてなかったのでしょうね。
呼び樋が飛散して先がありません。
2階からの竪樋で、瓦上を這わして、下屋根の軒樋におとす為の呼び樋が、途中から欠損してしまっています。kじょれだけ長いと、風の影響も受けやすく、経年劣化も相まって、途中から抜けて飛散してしまったのでしょうね。
竪樋を継手で繋いで補修します。
新しい竪樋を継手で繋いで、先には軒樋に落ちやすくする部材のハイドイを取り付けて、瓦にコーキングなどで接着して取り付けました。
袖瓦をすべて取り外します。
割れた袖瓦の補修工事です。割れた部分のみの交換ではく、袖瓦全体を一度取り外し、再度調整しながら、きっちりと釘で固定して留めつけていきます。

割れた袖瓦の交換完了です。
割れた袖瓦の交換、そして袖瓦のズレ調整、留め付けとこれで安心な状態になりました!
棟の下割れ瓦も交換します。
棟下の割れた瓦も、棟瓦を崩さずに瓦を抜いて交換していきます。この棟瓦を崩さず、棟下瓦を抜くのも、結構難しいもので、瓦葺の経験がないとできないですよね。
2階の軒先瓦もわれていたので、交換します!
2階部分も点検しており、軒先の瓦も1枚割れがあったので、軒先瓦も交換いたしました。
被害としては小さいもので、雨漏りがしているわけではない状態だったので、落ち着くまでお待ちになったのは正解だと思います。このような被害でも、訪問販売などの悪徳業者にかかれば、かなりの高値を吹っ掛けられ、さもすれば葺替工事などをさせられたかもしれません。
屋根などのあまり見えない部分の点検、メンテナンスは、地元密着で長く屋根工事に携わってきた「街の屋根やさん大阪門真店」にお任せ下さい!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

守口市 棟板金の取り替え工事と瓦の差し替え工事を行いました

守口市 ナショナルアルデージュ
守口市 棟板金取り替え工事完成写真
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

門真市 破損した和瓦屋根の端3列の葺き直し工事を行いました

工事前
完成写真2
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
使用素材
釉薬瓦
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

寝屋川市 利根丸下の瓦を交換するには一度解体する必要があります

応急処置
平瓦完成
工事内容
屋根補修工事
使用素材
和瓦
築年数
建坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

枚方市 青い瓦の屋根からカラーベストにリフォーム工事を行います

瓦現状
完成写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
カラーベスト
築年数
建坪
保証
5年
工事費用
施工事例

枚方市 雨漏りしている屋根の棟瓦取り替え工事を行いました

現状写真
完成写真
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
7寸丸瓦
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

枚方市 カレッセで塗膜の剥がれたスレート屋根をカバー工事しました

枚方市 工事前
完成写真1
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
カレッセ
築年数
建坪
保証
5年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根シートが掛かった状態です。

大阪市鶴見区の店舗付き住宅の屋根の点検をさせて頂きました。雨漏りがするということでしたので、屋根に上がってみますと、築50年以上で、瓦はその時のままで代えてはいないとのこと。正面は大きな道路に面しており、車が多く行きかい、歩道の通行者も多い...........

厚型スレート瓦です。

大阪市城東区の物件の屋根点検のご依頼をお受けしました。お客様がお貸しになっている家ということで、屋根にあがりますと、これまた今時と言っては語弊がありますが、非常に珍しい瓦でした。この瓦は厚型スレート瓦と言って、昭和初期によく葺かれた屋根材で...........

銅製の谷板金が変色しています。

四条畷市のお客様で点検した際に、屋根の谷部分で雨を流す為に取り付けられている谷板の素材が銅でされている、その銅製の谷板が長年の瓦から滴る雨水により浸食により薄くなって穴があきかけており、穴があいたら雨水の集まるところなので、雨漏りがするのは...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060