オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大東市 左右違う屋根材で葺かれている屋根を金属屋根材カレッセでカバー工事


大東市にお住いのH様よりお問い合わせがありました。
3階の屋根の納戸窓から屋根瓦がおかしいとご相談がありまして、後日屋根調査にお伺いいたしました。

点検~完工までをご紹介させていただきます。
板金を挟んで左右違う瓦が葺かれている
屋根にあがるとビックリです。
H様の気になる箇所、2階の屋根の形は、切妻屋根の片流れ形状です。
ビックリしましたのは、
屋根中心部に棟(むね)の板金を挟み、左右違う屋根瓦で施工されていました。。
瓦が割れている
建物正面から見まして左側の屋根瓦にヒビ割れが多々ありました。H様はこの箇所を見られたと思います。
このまま放置しておきますと雨漏り、屋根瓦の飛散も考えられますので2階屋根のみのカバー工法にて、屋根瓦葺き替え工事をお勧めさせていただきました。

カバー工法は現状の屋根材の上から葺いていきますので既存屋根材の撤去・処分費がかかりませんし、その分工期も短くなります
シーリング剥離・落下
2階屋根壁との取り合い箇所雨押え板金上部のシーリングが剥離・落下していました。この箇所も雨の風向きにより怖い状態になっています。

H様曰く新築当時からお住まいで屋根には一度もメンテナンスをしていないとの事でした。なぜ左右違う瓦で施工されたのか・・不思議でなりません。

屋根は普段目に見えない箇所ですので、手抜き工事の可能性も考えられます。あくまで可能性があるだけですが・・。見えない箇所であって悪徳な訪問業者も少なくないので、気をつけてください。
棟板金と貫板を解体
最初に、屋根の中心にありました棟(むね)板金と貫板(ぬきいた)は解体処分します。
この棟板金は不要な工事です・・。
軒先メタル(ゼロ)を設置
屋根の下葺材を貼っていくのですが、その前に軒先メタル(ゼロ)を設置していきます。
屋根下葺き材粘着ルーフ
既存屋根の上に屋根下葺き材粘着ルーフを貼り付けていきます。
カレッセ葺上完成
金属屋根材(カレッセ)で葺上完成です!

2階壁との取り合い部
2階壁との取り合い箇所で。
新しい雨押え板金を設置後、シーリングの打ち直し工事が完了しました。
工事後、H様には納戸から屋根の状態を見ていただき、工事中・工事後のお写真でご説明させていただきました。
H様はこれで2階の屋根は安心ですと、3階の屋根に関しましては定期的な点検をお願いされ、年間屋根点検日まで決めさせていただき、大変喜んでいただきました

屋根は自分では見ることができず、なかなか関心のない箇所だと思います。
ですが、定期的なメンテナンスをすることが長持ちの秘訣です!手遅れになる前に、一度点検してみてはいかがでしょうか。

街の屋根やさん 大阪門真店 0120-198-060

同じ工事を行った施工事例

施工事例

四條畷市 MFシルキーの黒色で屋根カバー工事を行いました

工事前
カバー工法完成
工事内容
屋根カバー工事
足場
使用素材
福泉工業㈱ MFシルキー
築年数
25年
建坪
20坪
保証
5年
工事費用
約73万円(足場込み)
施工事例

交野市 カラーベスト屋根のカバー工事をカレッセで行いました

施工前写真
カレッセ使用でカバー工法完成写真
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
カレッセ
築年数
建坪
保証
5年
工事費用
施工事例

枚方市 カレッセで塗膜の剥がれたスレート屋根をカバー工事しました

枚方市 工事前
完成写真1
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
カレッセ
築年数
建坪
保証
5年
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

大東市 ルーフテラスの雨押え板金取り付け、コーキング打ち替え工事

既存コーキング取り外し
雨押え板金工事完工
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
JFE鋼板株式会社 極み‐MAX セピア
築年数
約13年程
建坪
保証
工事費用
約15万 (足場含む)
施工事例

大東市でいぶし瓦の谷板金入れ替え及び漆喰工事をしました。

施工前
施工後
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ステンレス製谷板板金
築年数
約25年
建坪
約50坪
保証
工事費用
約50万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

守口市 立平施工後

守口市の工場屋根を、既存の屋根材の上から重ね葺きをするカバー工法で工事を行いました。以前の屋根はアスファルトシングル材ですが、次使用したものはガルバリウム鋼板の立平板金を使用します。

kadomasiasiba

工事は3日間で行いました。その初日は鉄骨足場を組んでいます。3階建ての切妻屋根ですが、一部急こう配の箇所があるため部分足場で組んでいます。

ハシゴを掛けて、2階屋根に上がります。

枚方市のお客様で、7年前ほどに棟包板金が中の貫板が腐食して保持力がなくなり棟包板金が飛散して、その周辺の野地板も腐食していたので、併せて野地板とその周辺のカラーベストを交換したことがある家なのですが、それから、今度は一昨年の台風で別の部分の...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060