オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

門真市 築22年の石綿スレート瓦をカレッセで重ね葺きしましたA様邸


築22年のお家にお住いのA様より、ネット検索し、屋根重ね葺き(カバー工事)のご依頼がありました。
現状の屋根の確認を行いますので、日程調整後お伺いいたしました。

A様邸はスレート屋根ですが、アスベストが含まれている石綿スレート瓦で葺かれていました。アスベストが含まれている場合、屋根の上にあるということは問題ないのですが、解体となるとアスベストが飛散するので人体に影響を及ぼすため大変大掛かりな工事になります。費用も掛かります。ということもあり、アスベスト屋根の葺き替え工事では、カバー工法で工事を進めることが多いです。
A様邸は、新築当時から一度も屋根のメンテナンス工事をしたことがないそうです。
数年前に屋根の塗装工事を考えられたこともあるそうですが、雨漏りもしてないし諸事情もありそれっきりで、、
弊社ブログを見まして屋根の事が心配になりお問い合わせくださりました。

超軽量!金属屋根材カレッセへのカバー工法をご紹介させて頂きます。
工事前カラーベスト(石綿スレート瓦)
スレート屋根は約10年が塗装の時期だとされています。


屋根には約10年に一度がメンテナンス時期とされています。屋根材によってメンテナンス方法が変わりますので、詳しくはこちらをご覧ください。

コケが生えています
塗膜が剥がれた屋根材には雨水が流れにくくなり、雨水が乾きにくくなります。そのためにコケ・カビが生えやすい状態になります。 

スレート屋根材のメンテナンス方法、詳しくはこちら

既存棟板金解体工事
既存棟(むね)板金を解体しました。
板金下の、貫板(ぬきいた)が腐食していました。

棟・・・屋根の面と面が合わさっている箇所
板金下の貫板が腐食
貫板があちこちで腐食しています。

この、屋根の隅に斜め方向に流れている棟のことを、隅棟(すみむね)といいます。
左の写真も隅棟です。
鉄釘がダメになっていた
釘がダメになっていました。鉄釘は錆びやすく耐久性がない為、貫板を維持できません。
ここもかなり雨水が浸入していたため腐食していました。
貫板がかなり腐食していた
隅棟の先端部分です。
貫板がかなり腐食してたので、サクサク状態になっていました
既存棟板金・貫板解体後
既存の棟板金と、貫板を解体しました。
清掃してから、防水シートを貼っていきます!
軒先水切りを設置
と、その前に軒先水切りを設置します。

軒先(のきさき)・・・屋根面が下ってきた、先端部分。雨水が屋根上部から流れてくる方向です。
粘着ルーフ貼り付け
粘着ルーフ(防水紙)を貼り付けていきます。

屋根材に隠れて見えないのですが、この防水紙が雨水がお家の内部に浸入しないように守ってくれています!
木工事、シーラーを設置
カレッセという屋根材を葺いて(ふいて)いきます。

棟板金を取り付ける前に、木工事、木の下にシーラーを設置します。
40×30の垂木(たるき)という木材を取り付けています。

棟板金をビス止め
棟板金をビス止めでしっかり固定していきます。

工事後(カレッセ)
工事完了です!

工事前の三つ又部分は、職人さんが現場で加工し3方向からの板金を調整していましたが、このカレッセは大棟と隅棟の取り合い部分は一体物となっているので、安心できます♪
勾配に合わせ生産してもらえるので各屋根にぴったりのものを現場に持っていくことができます。
今回使用しましたカレッセは超軽量で、カバー工法に特化した屋根材です。
弊社でもカバー工法の際に多く使用しています。過去の工事例はこちらからご覧ください♪

しばらく屋根点検していない方は、一度専門の業者さんに点検依頼してみてください。
※屋根は高所なのでご自身で上がられることはおやめください。
弊社では屋根点検からお見積り説明まで無料でしておりますので、お悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

街の屋根やさん 大阪門真店 0120-198-060

同じ工事を行った施工事例

施工事例

四條畷市 MFシルキーの黒色で屋根カバー工事を行いました

工事前
カバー工法完成
工事内容
屋根カバー工事
足場
使用素材
福泉工業㈱ MFシルキー
築年数
25年
建坪
20坪
保証
5年
工事費用
約73万円(足場込み)
施工事例

交野市 カラーベスト屋根のカバー工事をカレッセで行いました

施工前写真
カレッセ使用でカバー工法完成写真
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
カレッセ
築年数
建坪
保証
5年
工事費用
施工事例

枚方市 カレッセで塗膜の剥がれたスレート屋根をカバー工事しました

枚方市 工事前
完成写真1
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
カレッセ
築年数
建坪
保証
5年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

守口市 立平施工後

守口市の工場屋根を、既存の屋根材の上から重ね葺きをするカバー工法で工事を行いました。以前の屋根はアスファルトシングル材ですが、次使用したものはガルバリウム鋼板の立平板金を使用します。

kadomasiasiba

工事は3日間で行いました。その初日は鉄骨足場を組んでいます。3階建ての切妻屋根ですが、一部急こう配の箇所があるため部分足場で組んでいます。

ハシゴを掛けて、2階屋根に上がります。

枚方市のお客様で、7年前ほどに棟包板金が中の貫板が腐食して保持力がなくなり棟包板金が飛散して、その周辺の野地板も腐食していたので、併せて野地板とその周辺のカラーベストを交換したことがある家なのですが、それから、今度は一昨年の台風で別の部分の...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060