オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

枚方市で、平屋の和型いぶし瓦の解体工事を行いました。


枚方市の平屋住宅の屋根から雨漏りがするとのことで、現地調査をすると瓦の雨水の流れる谷部分にもコーキングが塗られており、かえって雨水を堰き止めてしまっており、瓦自体もかなり古くなっているので現在のいぶし和型瓦を解体して、下地コンパネを貼って、軽量のシングル屋根材のリッジウェイに葺替工事を行う事になりました。
瓦の谷部までコーキングがしてあります。
瓦はいぶしの和型瓦で、過去に雨漏りがしたのか瓦にコーキングが塗られているのですが、山部だけじゃなく谷部にまでコーキングが塗られており、これでは瓦の重なり目に入った雨水がコーキングで抜けなくなり、瓦から溢れて野地に雨水が落ちて雨漏りになってしまいます。
この工事はラバーロックとも言われるのですが、詳しくはこちらコラム「ラバーロック工法とは?」をクリックください。
瓦を外して、葺土を露出させます。
まずは瓦を外していきます。瓦を外すと瓦の下に入ってる土がでてきます。このような土葺は昔からの工法で、湿度と雨の多い日本の気候に適した先人から受け継がれた工法なのですが、阪神淡路大震災から重いのと、瓦が落ちてはいけないという緊結の観点から、ほとんどされなくなった工法なのです。
しかし、この土を取り除くのが大変なんです、、、
土はバケットで手作業で取り除いて行きます。
この土は手作業でこのようなバケットにいれて屋根から降ろしていきます。重くて汚れてキツイ、まさに3Kの作業ですが、皆がんばってます!
冬場は夏場よりマシなんです。。
最後はホウキで掃きながら細かい土を取っていきます。
土のズレ留めに打ってある桟木を外し、細かい土をホウキではきながら集めていきます。風の強い日は舞い上がってしまうので、あまり強風の時には近所迷惑になる場合があるので、慎重に作業を進めます。
下葺材を剥がして野地板だけにします。
細かい土を取り除いたら、下葺材を剥がしていきます。この屋根はビニール製の下葺材でした。これは防水と言う観点では、あまり意味の無い素材なんですが、むかしはこれしか無かったんですね。土が置かれている分、熱が伝わりにくいので縮み等はあまりませんでした。土を置かない空葺の場合は、熱で縮んで野地板が丸見えなんて事も良く見られ、そこまで行くと防水下地の意味は無いですよね。
軒先もモルタルをカットしていきます。
和瓦屋根からカラーベストやリッジウエイに葺替工事を行う場合、野地コンパネを施工しなければならず、和瓦の曲線に合わせて塗り込まれた軒先の面戸部分とケラバ部分の出っ張ったモルタルをカットしてストレートしなけらばなりません。電動グラインダーでカットして行きます。
ケラバ部のモルタルをカットしたところです。
ケラバ部のモルタルをカットしたところです。瓦の場合、軒先とケラバ部は30mm~40mm木で立上りが必要ですので、このような木が打たれております。
しかし、新たに葺く、カラーベストやリッジウエイなどはこの立上りがあると葺けませんので、野地コンパネをフラットにしてやる必要があるのです。
野地の髙さをそろえる為に垂木で嵩上げをします。
上記に記載したように、高さを揃えなければならないので、このように野地板の上から垂木を打って嵩上げを図りまして、小上にコンパネを貼っていきます。

この後、コンパネを貼って下葺のゴムアスルーフィングを貼って野地下地の出来上がりになりますが、それはまた次回にご紹介させて頂きます。

このところ、天気がいいのでこのような瓦のメクリ工事でも安心して段取りすることができます。
今年も残すところあと少し!
がんばって、年内完工を目指して頑張って行きます!!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

寝屋川市で和型瓦からリッジウェイに葺替えて屋根を軽量化されました。

和型屋根の葺替工事前
リッジウェイでの葺上工事完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
リッジウェイ
築年数
35年
建坪
15坪
保証
10年
工事費用
80万円(足場費込)
施工事例

枚方市 青い瓦の屋根からカラーベストにリフォーム工事を行います

瓦現状
完成写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
カラーベスト
築年数
建坪
保証
5年
工事費用
施工事例

寝屋川市 築40年近い屋根をいぶし瓦で葺き替え工事を行いました

工事前(和型いぶし瓦)
和型いぶし瓦完工写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
和型瓦(いぶし瓦)
築年数
約40年
建坪
保証
5年
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

枚方市 青い瓦の屋根からカラーベストにリフォーム工事を行います

瓦現状
完成写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
カラーベスト
築年数
建坪
保証
5年
工事費用
施工事例

枚方市 雨漏りしている屋根の棟瓦取り替え工事を行いました

現状写真
完成写真
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
7寸丸瓦
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

枚方市 カレッセで塗膜の剥がれたスレート屋根をカバー工事しました

枚方市 工事前
完成写真1
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
カレッセ
築年数
建坪
保証
5年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

シルバーと呼ばれる釉薬和形瓦です。

門真市のお客さまで、現在の和型釉薬瓦が葺かれてから35年以上経つので、そろそろダメになってきてメンテンナンスの費用もかかってくるやろし、それに築後30以上経つ、家の事も考えて、地震なども怖いので、屋根を軽くしたいとのことでした。しかし、この...........

ROOGA雅の葺上工事完了です。

寝屋川のお客様で、和形いぶし瓦から、「ROOGA雅」への葺き替え工事を行いました。既存の和型の解体及び野地合板工事の様子は前にこのブログで紹介しておりますので、下記リンクよりご参照くださいね。寝屋川市で和瓦の解体、通称「メクリ」をして、合板...........

瓦の下には葺土と呼ばれる土がたくさんあります

寝屋川市で屋根の葺き替え工事のご依頼を頂きました。既存は和形のいぶし瓦で葺かれており、それを軽量瓦のKMEW製「ROOGA 雅」に葺き替えさせて頂います。関西から西では、瓦の下に土を敷いて、そこに瓦を押さえて並べていくという葺き方が瓦が伝来...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060