オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

四条畷市で棟が崩れて雨漏りのする棟の葺替工事をしました。


2F部分から雨漏りが凄いので、すぐに見て欲しいと三島郡島本町の方からご依頼があり、屋根調査をしますと棟(むね)の熨斗(のし)瓦が崩れている酷い状態で、雨漏りの原因は棟の崩れだったのです。
こんな状態ですから、お客様からすぐに対応して欲しいとのご依頼を受けましたので、工事の段取りを至急に行い、調査から3日後に棟の葺替工事を行い、段積の棟から7寸丸瓦の強力棟工法で工事を行わさせて頂きました。

棟・・屋根面の合わさる箇所、屋根のてっぺん部分
熨斗瓦が崩れてしまっています。
棟の積んである熨斗瓦が崩れてしまってます。これじゃ、棟の中に雨水が入って雨漏りしてしまいますよね。
棟のノシ瓦が崩れています。
棟の反対側も同じような状態、、、
これは、もう棟の葺替工事しかありません。
棟を解体します。
棟瓦を解体、葺土も取ってしまいます。葺土が全体的に湿ってますよね。あれだけ崩れていたら雨も入りますよね。
強力棟金具を打ち、垂木を打ち付けます。
棟の瓦を解体したら、棟際の瓦を交換して、強力棟金具を打って7寸丸棟瓦を留め付ける為の垂木(たるき)を金具に打ち付けます。
垂木になんばん漆喰を盛っていきます。
垂木になんばん漆喰(しっくい)を盛って、面戸(めんど)部分を埋めていきます。
強力棟金具の工法は、土を使わずなんばん漆喰のみで仕上げて行きます。
7寸丸棟瓦を留め付けて完成です。
その上から、7寸丸棟瓦をビスで垂木に留め付けて完成です。
この屋根は、塩焼き瓦という昔良く使われた瓦なのですが、もう生産されてませんので、柿茶色というよく似た色の和型釉薬(ゆうやく)瓦で仕上げてます。あまり違和感はないと思います。
段積の棟よりも、棟葺替工事の場合、このように7寸丸棟瓦1本被せの工事での棟葺替工事を提案させて頂いております。
単純な構造の為、雨もりもしにくいですし、重量的にも軽くなります。
金具で棟の下地より固定しますので、強風にも強く、地震にも強い工法です。
詳しくはこちらの施行事例もご参考下さい。

同じ工法で工事を行いましたブログはこちら。

雨漏りにお困りの方はこちらのコラムもご覧ください。

街の屋根やさん 大阪門真店 0120-198-060

同じ工事を行った施工事例

施工事例

門真市で和瓦の棟の段積から7寸丸棟瓦へ葺替工事を行いました

30年経った和瓦屋根です。
7寸丸瓦で棟の葺替工事を行いました。
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
和型釉薬瓦
築年数
30年
建坪
15坪
保証
工事費用
25万円
施工事例

四條畷市 棟瓦が崩れていたので丸瓦で棟の取り替え工事を行いました

熨斗瓦が崩れてしまっています。
7寸丸棟瓦を並べて完成
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
7寸丸瓦(釉薬瓦)
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

枚方市 雨漏りしている屋根の棟瓦取り替え工事を行いました

現状写真
完成写真
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
7寸丸瓦
築年数
建坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

四條畷市 MFシルキーの黒色で屋根カバー工事を行いました

工事前
カバー工法完成
工事内容
屋根カバー工事
足場
使用素材
福泉工業㈱ MFシルキー
築年数
25年
建坪
20坪
保証
5年
工事費用
約73万円(足場込み)
施工事例

四條畷市 棟瓦が崩れていたので丸瓦で棟の取り替え工事を行いました

熨斗瓦が崩れてしまっています。
7寸丸棟瓦を並べて完成
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
7寸丸瓦(釉薬瓦)
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

四條畷市 3階建ての一軒家で外壁塗装工事を行いました

塗装前
外壁塗装工事完了
工事内容
外壁塗装
足場
使用素材
築年数
25年
建坪
20坪
保証
工事費用
約70万円(足場込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

茨木市棟崩れ飛散

工事を行う前の状態の写真です。しっかりとシートで覆われて飛散しないように土のう袋で押さえられています。

茨木市棟崩れ

点検するために屋根に上ると、棟部分がブルーシートで養生してあり、飛散しないようにしっかりとどのうで抑えられていました。

寝屋川市棟施工前

施工前の写真です。本来は、丸瓦が被さっているのですが震災や台風の影響で飛散してしまい中の土がむき出しの状態でした。土に雨が浸透し雨漏りの原因になります。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060