オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

門真市で和瓦の棟の段積から7寸丸棟瓦へ葺替工事を行いました


工事のきっかけ

2階天井から雨漏りがするので、見て欲しいとの依頼を頂き、点検したところ天井の真ん中、家の中心部分に雨漏りシミが見られましたので、棟部分からの雨漏りを起こしており、経年による棟のノシ瓦からの雨水の侵入でしたので、棟の7寸丸瓦にての棟葺替工事をご提案させて頂きました。

門真市 棟瓦取り直し,雨漏り修理

ビフォーアフター

before
30年経った和瓦屋根です。
horizontal
after
7寸丸瓦で棟の葺替工事を行いました。

工事基本情報

施工内容
棟瓦取り直し,雨漏り修理
施工期間
2日
使用材料
和型釉薬瓦
施工内容その他
築年数
30年
保証年数
工事費用
25万円
建坪
15坪
ハウスメーカー
2階の部屋の天井の中心部に雨漏りシミがあり、この屋根の形状が切妻なので棟(むね)からの雨漏りと確認しました。

切妻屋根は形状的には雨漏りしにくい形状なのですが、和瓦の棟のノシ瓦の段積の場合、30年近く経ちますと棟の中には葺土が盛られており、それでノシ瓦に勾配を付けて、雨水を切るという仕組みになっているのですが、この中の葺土が長年の風雨で砂化して痩せてしまい、ノシ瓦の勾配が緩くなってしまい雨水を棟内に呼び込みやすくなるのです。

そこで、平部の瓦は問題がないので棟の部分のみ葺替工事を提案させて頂きました。
ただ、同じように段積するのではなく、7寸丸という大きな半丸の瓦を棟金具を取り付け、ビスで留めるという軽量になる上、強風にも強くなる工法で工事をさせて頂きました。
この工法は、和瓦の棟の段積から雨漏りをする場合、有効的でしてこれまでにかなりのお客様に工事をさせて頂いております。
before1
30年経った和瓦屋根です。
和瓦の釉薬を塗ったシルバーといわれる瓦です。30年前の建売の屋根には良く使用されましたが、瓦自体は割れもなく問題はないのですが、棟の瓦が経年により雨水を切りにくくなり雨漏りを起こす事例はよくあります。
vertical
after1
7寸丸瓦で棟の葺替工事を行いました。
7寸丸瓦で棟の葺替工事を行いました。瓦は同じ釉薬の焼瓦で色も同じ「シルバー」なんですが、30年経つとこれだけ色も褪せてしまうのですね。
段積の棟からみたら、「7寸丸瓦」1本被せになりちょっと貧弱に見えてしまうのですが、シンプルだからこそ雨漏りを起こす可能性も少なく、また葺土等を使いませんので少しですが、軽量化にも効果があります。
7寸丸瓦の留め付けもビスで行っておりますので、今後の強風や経年のズレ等もなく安心できますね。

棟の葺土が湿っています。
棟の瓦を解体して、中の葺土を見ますと黒く湿っております。これは雨水が棟内に侵入している証拠です。ここに雨水が入り続けると、スポンジと一緒で土が吸いきれなくなった雨水は瓦下に流れて雨漏りに繋がるのです。
強力棟金具を取り付けます。
棟の瓦と葺土と一番上の瓦を一列撤去し終えると、強力棟金具を取り付けていきます。糸を張って棟部分の浮陸を調整します。
この金具の上部のコの字型のとこに垂木を打ち付け、そこに棟瓦をビスで留め付けるのです。
棟際の瓦も新しくします。
棟際の瓦も新たに切り直し隙間なく仕上げて行きます。
そして、棟金具に垂木を打ち付けて行きます。
南蛮漆喰を棟に盛っていきます。
そして、垂木の周りに「なんばん漆喰」を盛って、ならしていきます。
葺土を使わず、「なんばん漆喰」で固めてしまいます。
そうすれば、今後漆喰の剥がれなどを防ぐことができます。
7寸棟瓦をビスで留め付けます。
最後に7寸棟瓦をかぶせて、パッキン付ビスで留め付けていきます。
昔の瓦は銅線などで縛ってあるだけですが、最近はこのようにビスで留め付けますので、強風などでも安心です。
before1
棟の面戸漆喰が剥がれています。
経年によりノシ瓦の勾配が緩くなり、雨水を切りにくくなったため、葺土内に雨水が侵入するようになった為、漆喰なども土から剥離して剥がれてしまっている工事前です。
horizontal
after1
棟面戸もキレイに仕上がりました。
棟際の瓦も新しく葺替え、棟も7寸棟瓦でシンプルに仕上げました。面戸の漆喰もキレイにならして完成です。
これで雨漏りも留まり、今後の風雨でも安心です。
和型瓦の場合、瓦自体は陶器製ですので30年ほど経過していても平部の瓦などは問題がないことが多いのですが、
ただ、棟部はどうしても経年の劣化や、ズレ、雨漏りを起こしやすいところなので、この部分のメンテナンスは必要になってきます。
その場合、見た目の好みもありますが7寸棟瓦にての棟瓦のみの葺替工事というのも、全体の葺替工事に比べれば費用も抑えれますので効果的です。(※あくまでも、平部の瓦に問題がない時になります。)
なんでもかんでも葺替工事をということはなく、大丈夫なとこはそのまま使用し、最良の屋根メンテナスンスを提案して、お客様のご負担を少なくするのも大事だと考えます。
どんな些細な事でも構いませんので、御相談下さい。

【工事完了後】

7寸丸瓦で棟の葺替工事を行いました。
7寸丸棟瓦で棟の葺替工事が仕上がりました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

四條畷市 棟瓦が崩れていたので丸瓦で棟の取り替え工事を行いました

熨斗瓦が崩れてしまっています。
7寸丸棟瓦を並べて完成
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
7寸丸瓦(釉薬瓦)
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

枚方市 雨漏りしている屋根の棟瓦取り替え工事を行いました

現状写真
完成写真
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
7寸丸瓦
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

八尾市 うねっている棟瓦を丸伏せ工法で積み替え工事を行いました

八尾市 棟がうねってきています
八尾市 丸伏せ工法完成
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
釉薬瓦(7寸丸瓦)
築年数
建坪
保証
工事費用
約45万円

同じ地域の施工事例

施工事例

門真市 マンションの屋上でウレタン防水工事を行いました

屋上全景
トップコート
工事内容
防水工事
使用素材
ウレタン防水
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

門真市 破損した和瓦屋根の端3列の葺き直し工事を行いました

工事前
完成写真2
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
使用素材
釉薬瓦
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

門真市 連棟の屋根の一部をスレート瓦に葺き替えました

工事前
葺き替え工事完成
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
カラーベスト
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

茨木市棟崩れ飛散

工事を行う前の状態の写真です。しっかりとシートで覆われて飛散しないように土のう袋で押さえられています。

茨木市棟崩れ

点検するために屋根に上ると、棟部分がブルーシートで養生してあり、飛散しないようにしっかりとどのうで抑えられていました。

寝屋川市棟施工前

施工前の写真です。本来は、丸瓦が被さっているのですが震災や台風の影響で飛散してしまい中の土がむき出しの状態でした。土に雨が浸透し雨漏りの原因になります。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060