枚方市 いぶし瓦葺の銅製の谷板金に経年劣化で穴が開きそうなので、ガルバリウム製の谷板金に交換しました。


枚方市でいぶし瓦葺の屋根の谷部分の銅製の谷板金が、経年劣化で雨水の落ちる部分が変色し穴が開きそうなので、その周りのいぶし瓦を一旦解体し、その下の土なども撤去して、銅製の穴の開きかけた谷板金を取り外して、新たにガルバリウム鋼板製の谷板金に交換する工事を行いました。
いぶし瓦が葺かれた屋根で、谷板金が銅製のことが多いです。
昔は銅が谷部には柔らかくてよくなじみ、その当時の鉄系は亜鉛鉄板いわゆるトタン板金しかなく、あまり耐候性がよくなかったのです。
そこで亜鉛鉄板より耐候性の高く、また柔らかく加工しやすく、それでいて高級感のある銅が瓦屋根には多く使用されていたのです。
谷板金が銅板で劣化して穴が開いてしまっています。
いぶし瓦が葺かれた谷部分です。銅製の谷板金の瓦から雨水が落ちる部分が変色しています。
この部分に雨水が落ちて、最近の酸性雨の影響もあってか、この部分の銅が薄くなって最終的には穴が開いて雨漏りを起こす事が多くみられます。
このお宅はまだ穴は開いてないのですが、穴が開く前に交換をお勧めしました。
谷部の瓦と土、銅板の谷板金を取り外します。
まず、谷板金を交換するには谷板金の上に乗っている瓦などを外さなければなりません。
瓦を外し、その下の土を撤去して、銅板の谷板金を撤去します。
下葺には杉板が使用おりますので、一次防水は問題ないようです。
ゴムアスシートを谷部に貼ります。
下葺としてゴムアスルーフィングの切ったものを谷部に敷き詰めます。
ガルバリウム鋼板製の谷板金を取り付けます。
この上からガルバリウム製の谷板金を加工して取り付けます。
ガルバリウム鋼板はアルミと亜鉛で鉄を被膜した合金で、非常に耐候性が高く屋根材として使用される鋼板です。
谷部に使用する場合も銅よりも安価で、より耐候性が高という優れた鋼板なのです。
いぶし瓦を葺き直して、谷板金の交換が完了しました。
谷板金を取り付けたら、瓦を葺き戻して行きます。
新たに土は使用せず、南蛮漆喰を瓦下に敷いて釘及びビスで留めつけていきます。ここは瓦葺の技術が必要なところなので、谷板金などは板金職人でいけますが、瓦となると板金職人では難しいところなんです。
谷部は雨水が集まってくるところなので、雨漏りが多く発生する箇所です。
ましてや、雨水が集まって流れる谷板金に穴が開いてしまっては、間違いなく大量の雨水が漏ってきてしまい大変なことになってしまいますね。
30年以上経った銅板は、ほぼ劣化が進んで穴が開きかけや開いている場合があるので、一度点検されてみてはいかがでしょうか?
屋根の点検は「街の屋根やさん 大阪門真店」にお気軽にお問合せ下さい。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

守口市 棟板金の取り替え工事と瓦の差し替え工事を行いました

守口市 ナショナルアルデージュ
守口市 棟板金取り替え工事完成写真
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

門真市 破損した和瓦屋根の端3列の葺き直し工事を行いました

工事前
完成写真2
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
使用素材
釉薬瓦
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

寝屋川市 利根丸下の瓦を交換するには一度解体する必要があります

応急処置
平瓦完成
工事内容
屋根補修工事
使用素材
和瓦
築年数
建坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

枚方市 青い瓦の屋根からカラーベストにリフォーム工事を行います

瓦現状
完成写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
カラーベスト
築年数
建坪
保証
5年
工事費用
施工事例

枚方市 雨漏りしている屋根の棟瓦取り替え工事を行いました

現状写真
完成写真
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
7寸丸瓦
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

枚方市 カレッセで塗膜の剥がれたスレート屋根をカバー工事しました

枚方市 工事前
完成写真1
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
カレッセ
築年数
建坪
保証
5年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

昨年の台風21号の被害でまだブルーシートが掛けられた家があります。

昨年の台風21号は大阪全域で大きな被害をもたらしましたが、私どもの商圏である門真、守口、寝屋川、枚方、交野、大東、四条畷などでは、ブルーシートが掛かった屋根をほとんど見る事がなくなり、おおかた復旧工事は完了したと思われますが、大阪南部の被害...........

8階建てのマンション屋根の点検作業です。

門真市の7階建てマンションの屋根の点検を行いました。このマンションは階段で屋根までいけるし、勾配も緩く軒部分は大きな箱樋形状になっているのでそれほど恐怖感なく屋根点検することができました。屋根材は、旧松下電工のアルデージュという石綿スレート...........

ブルーシート劣化

昨年の台風21号後におそらくブルーシートを貼り、養生をしていたと思われますが写真のようにブルーシート及び飛ばないように押さえていた土のう袋が劣化してボロボロになっていました。瓦の上に砂が流れ落ちて、放っておくと雨漏りにつながるかもしれません...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060