四条畷市 古い家によくみられる天窓瓦。そこから雨漏りはなぜ?


四条畷市の古い旧家での離れ屋根に取り付けられている天窓瓦。最近のアルミなどでシステム化されたものではなくて、瓦の規格に合うように、開口部まわりは瓦の形状をした、土で成形して焼成した瓦製の天窓瓦んです。
その開口部の上にガラスを乗せただけの簡素なつくり、昔は土間などの奥に炊事場があることがおおく、暗くて炊事作業などいにくかったので、屋根から明かりを取って室内を明るくしようと作られたのが天窓瓦なんですね。その当時はアルミ製品などありませんでしたしね。
今回はその天窓瓦から雨漏りがするとうことで、調査に参りました。
天窓瓦です。
天窓瓦です瓦でできた枠で本来なら隣接する瓦と噛み合い、スッキリと仕上がるのですが、この屋根で使用されてる桟瓦が、特殊な寸法で、働き寸法が短い桟瓦なので、天窓瓦と形状が合わなかったため、丸瓦で両側面をかぶせてあるのでしょうね。
天窓瓦を回りもかなり劣化しています。
開口部に上にはガラスが乗せられているだけの簡素なものです。ガラスの下にはコーキングが多くされてますので、前から雨漏りを起こしていたんですね。
今回の雨漏りは、この天窓瓦からというよりは、その上の棟下瓦のズレが原因のようですね。
天窓部分を屋内から確認しました。
室内から天窓部分をみると、隅棟部分の野地がかなり白くなっております。これは棟部分から雨漏りを起こしていることが伺えます。
雨水が瓦の下を流れてしまったら、天窓瓦の下は何か防水されているわけではありませんので、この部分から雨が漏っていまいますよね。
天窓瓦上部に土も見えてます。
刀根丸部分から土が流れてきていますね。
その他、玄関部分の刀根丸部分からも土が流れるとのことでしたので、確認しました。
この丸瓦の下は土を置いているだけなので、経年により土が砂化して流れているようなので、南蛮漆喰などでの取り直しが必要になります。
屋根全体を葺替ればいいのですが、それではかなり大きな工事になってしまうので、お客様と相談したところ天窓をなくしてもいいとのことでしたので、天窓瓦の撤去、その付近の瓦の葺替工事、隅棟の補修でお見積りをさせて頂きます。
最近では、天窓で明かりととうより、電気代が安価ですむLEDなどで明りを取る方がいいと言うことも言われております。
まぁ、確かに屋根に穴をあけるのは、雨仕舞上よくはないですからね。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

寝屋川市で和型瓦からリッジウェイに葺替えて屋根を軽量化されました。

和型屋根の葺替工事前
リッジウェイでの葺上工事完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
リッジウェイ
築年数
35年
建坪
15坪
保証
10年
工事費用
80万円(足場費込)
施工事例

門真市で和瓦の棟の段積から7寸丸棟瓦へ葺替工事を行いました

30年経った和瓦屋根です。
7寸丸瓦で棟の葺替工事を行いました。
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
和型釉薬瓦
築年数
30年
建坪
15坪
保証
工事費用
25万円
施工事例

八尾市 うねっている棟瓦を丸伏せ工法で積み替え工事を行いました

八尾市 棟がうねってきています
八尾市 丸伏せ工法完成
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
釉薬瓦(7寸丸瓦)
築年数
建坪
保証
工事費用
約45万円

同じ地域の施工事例

施工事例

四條畷市 MFシルキーの黒色で屋根カバー工事を行いました

工事前
カバー工法完成
工事内容
屋根カバー工事
足場
使用素材
福泉工業㈱ MFシルキー
築年数
25年
建坪
20坪
保証
5年
工事費用
約73万円(足場込み)
施工事例

四條畷市 棟瓦が崩れていたので丸瓦で棟の取り替え工事を行いました

熨斗瓦が崩れてしまっています。
7寸丸棟瓦を並べて完成
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
7寸丸瓦(釉薬瓦)
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

四條畷市 3階建ての一軒家で外壁塗装工事を行いました

塗装前
外壁塗装工事完了
工事内容
外壁塗装
足場
使用素材
築年数
25年
建坪
20坪
保証
工事費用
約70万円(足場込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

瓦の割り付けが悪いので、その部分から雨漏りを起こしているようです。

寝屋川市の2階建てのお宅で、1階部分から雨漏りがするとのことで屋根点検をしたのですが、どうも下屋根の壁際から雨漏りを起こしているようでした。壁際の瓦の割り付けが悪いといいますか、まぁ、屋根の寸法は決まってるのでこれは致し方ないのですが、壁際...........

モニエル瓦センチュリオンで葺かれています。

門真市のお宅で雨漏りがするので見て欲しいということで屋根調査を行うことになりました。屋根瓦はセメント瓦のモニエル瓦センチュリオンという瓦で2山形状の瓦で、雨漏りのしにくい瓦で、屋根形状も切妻屋根でシンプルなため、雨漏りのしにくい形状なので、...........

軒先の銅板の一文字葺が劣化して穴があいています。

寝屋川市のお宅で、和型瓦などの一文字軒瓦の先の部分に葺かれている銅製の銅板一文字葺は数寄屋造りなどにはよく用いられ、屋根の意匠としてはシンプルで美しく、また軒への重量の負担軽減にも貢献をする屋根仕舞なんですが、銅板は昨今の酸性雨などの影響で...........