オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

門真市 地震対策として屋根軽量化のご依頼、現状の点検をしましたS様邸


約12年前に屋根の雨漏り補修工事を行いましたリピーターのS様よりお問い合わせがありました。

ドキッとしながらお話を聞いてみますと、あれから雨漏りは止まり雨の日も安心しています。
その節はありがとうございました。との事でした。
実は、地震対策として家の耐震補強をお知り合いの建築士さんに相談したところ、まず屋根を軽くしなさいとご指摘があり、屋根の軽量化を考えている!と弊社へご相談下さりました。

日時を合わせて現状屋根の状態をチェックしてまいりました。
寄棟形状
S様邸は寄棟形状(屋根の形状)で、三又部(本棟・隅棟の接点)部です。
以前に棟瓦葺き替え工事を行いました箇所で、強力棟金具、なんばん漆喰、7寸丸瓦を使用しました棟瓦葺き替え前の3分の1の重量になる工事でした。
どこも異常がなくしっかりしていて安心しました♪

棟瓦葺き替え工事(丸伏せ工法)について詳しくはこちらをご覧ください。
平瓦の横の並び
大屋根の平瓦の横の並び(通り)です。

多少、瓦の変色が目につく程度で、平瓦ズレも無く問題ありません。軒樋(のきとい)の詰まりも無く、良い状態だと思います。

軒樋・・屋根面傾斜をくだった屋根先端部分についている樋
屋根土の状態
軒先(のきさき)瓦の固定状態と、屋根土の状態です。
軒先を固定している釘が鉄釘です。屋根葺き後、年数も経過されていますので鉄釘が錆びています。軒先瓦に不具合が発生すると連鎖反応で上部の平瓦ズレが発生してまいります。

屋根土の量は多くも無く、少なくもありません。
砂状で無くコシのある良い状態でした
壁際のし瓦の状態
落ち棟の、壁際のし瓦の状態です。

この箇所では、のし瓦の落下がよくある箇所ですが、のし瓦のズレも無く手で触れましても動きがありません。
たぶん、のし瓦上の漆喰(しっくい)仕上げが良かったのではと思います
大屋根・平瓦
大屋根の平瓦を下から目線で見た写真です。

瓦のたての通り、瓦の口空き(隙間)も無く、良い状態だと思います。
※この状態を保っていますのは、屋根土がしっかりしているからです。
壁際のし瓦に漆喰
下屋根の屋根瓦の状態です。

平瓦のズレも無く、良い状態です。
ただ、壁際ののし瓦部に、以前に何かあったのでしょうか、のし瓦2段目に漆喰工事をされています。
この箇所での漆喰工事は意味がありません。今後先々漆喰が剥離・落下し軒樋を傷める原因になる場合もあります。
スガリ部
下屋根のスガリ部、軒樋の状態です。

以前この箇所で何か不都合があったのか上部の軒樋から無理に下の軒樋につながれていますが、軒樋内側が、コーキングをたっぷり塗られています。

ここ最近の樋の副資材でよい副資材がたくさんございますのでコーキングよりそちらを使用したほうが良いかと思います。

診断士からのアドバイス

築年数も経過され、少しは屋根瓦も傷んできていますが、S様邸の現在使用されている屋根瓦は、陶器釉薬瓦です。

たくさん屋根材がある中では、耐久性は抜群です。
また、屋根瓦で一番大事な箇所であります棟瓦を葺き替え工事されていますので、雨漏り等は大丈夫だと思います。

しかし耐震となりますと、現在の屋根が土葺き工法ですので屋根の総重量はあります。
S様は、軽量化をご希望でありましたので軽量瓦への葺き替え工事の資料や屋根材の資料、お見積り書を作成し、後日ご説明にあがらせて頂く予定です。

工事が決まりましたらまたブログでご紹介させて頂きます。ありがとうございました

軽量瓦への葺き替え工事は過去の工事例がありますのでこちらをご参考にしてください。

雨漏りでお困りの方・屋根の軽量化をお考えの方『街の屋根やさん 大阪門真店』にお任せください(^^)/

同じ地域の施工事例

施工事例

門真市で和瓦の棟の段積から7寸丸棟瓦へ葺替工事を行いました

30年経った和瓦屋根です。
7寸丸瓦で棟の葺替工事を行いました。
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
和型釉薬瓦
築年数
30年
建坪
15坪
保証
工事費用
25万円
施工事例

門真市 マンションの屋上でウレタン防水工事を行いました

屋上全景
トップコート
工事内容
防水工事
使用素材
ウレタン防水
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

門真市 破損した和瓦屋根の端3列の葺き直し工事を行いました

工事前
完成写真2
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
使用素材
釉薬瓦
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

枚方市屋根現調

現場調査時の写真ですが、所々ひび割れが起きていました。屋根材の表面も劣化が起きていて、ザラザラしています。

枚方市谷雨漏り

玄関上にある銅板で出来ている屋根と瓦の屋根との境目にある谷部分付近で雨漏りがしているとの事で谷部の補修とその付近の瓦を積みなおしていく工事です。

枚方市屋根調査

以前調査を行ってから日にちが経ってからの補修でしたのでもう一度現場調査を行ってからの補修になりました。時間が経つにつれて屋根の傷み方も変わっていきます。大幅に変わってしまうと料金も変わってしまいますのでお見積りには期限があります。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060