オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

寝屋川市 借家屋根のてっぺん(棟瓦)の積み替え工事を行いました


前回、一部葺き替え工事を行いました、寝屋川市の借家での工事の続きです!
今回は、屋根のてっぺんの箇所、棟瓦(むねがわら)の積み替え工事をご紹介いたします。

工事前
こちらが工事前の写真です。
漆喰(しっくい)が剥がれて、のし瓦の勾配も無くなっていました。

瓦の表面が剥離しているのは、凍て割れ(いてわれ)です。
詳しくはこちらをご覧ください。
既存棟瓦解体工事
まず、既存棟瓦を解体していきます。
かなり雨水が浸入しているのがわかります。
解体した瓦と土は撤去していきます。
強力棟金具
強力棟金具(きょうりょくむねかなぐ)という、棟を支える部材を設置し、そこに垂木(たるき)を取り付け、なんばん漆喰を盛っていきます。棟際の瓦を調整する際に、すべて新しい瓦に替えました。

この強力棟金具がしっかり固定されていないと、

※わかりやすいよう、強力棟金具のこちらの写真は違う現場の写真を使用していますが、同じ部材です。
垂木・なんばん漆喰
垂木を取り付け、なんばん漆喰を盛りました。

これで土台の完成です。

7寸丸瓦
大きな半丸の瓦(7寸丸瓦)を被せて先程の垂木に向かって、ビス止めしていきます。
パッキン付きビス
パッキン付きビスで、しっかり固定していきます!
これで強風が吹いても心配いりません。
工事後
工事完了写真です。
丸伏せ工法という棟の積み替え工事でした(^^)
今回の棟の工事は、のし瓦や鬼瓦が無い分シンプルになるのですが、この先のし瓦の勾配が崩れてくる心配もありませんし、軽量かつ耐震性にも優れています。施工時間、費用もグッと抑えられますので、おススメさせて頂いている工法の1つです(^^)/

過去の施工ブログもございますのでご覧ください!

屋根は普段目にできませんので、部屋に雨シミができたり、強風の際に屋根材が飛散・落下してしまうまで放っておいている方が多く見受けられます。屋根も人間と同じ、早期発見・早期治療が大切です。
屋根の点検は完全無料ですので一度点検受けられてはどうですか?瓦屋根診断技士が在籍しております弊社へお任せください

街の屋根やさん 大阪門真店 0120-198-060

同じ地域の施工事例

施工事例

寝屋川市で和型瓦からリッジウェイに葺替えて屋根を軽量化されました。

和型屋根の葺替工事前
リッジウェイでの葺上工事完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
リッジウェイ
築年数
35年
建坪
15坪
保証
10年
工事費用
80万円(足場費込)
施工事例

寝屋川市 スレート屋根の棟包み板金取り替え工事を行いました

棟板金現状
完成写真
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

寝屋川市 築40年近い屋根をいぶし瓦で葺き替え工事を行いました

工事前(和型いぶし瓦)
和型いぶし瓦完工写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
和型瓦(いぶし瓦)
築年数
約40年
建坪
保証
5年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根シートが掛かった状態です。

大阪市鶴見区の店舗付き住宅の屋根の点検をさせて頂きました。雨漏りがするということでしたので、屋根に上がってみますと、築50年以上で、瓦はその時のままで代えてはいないとのこと。正面は大きな道路に面しており、車が多く行きかい、歩道の通行者も多い...........

厚型スレート瓦です。

大阪市城東区の物件の屋根点検のご依頼をお受けしました。お客様がお貸しになっている家ということで、屋根にあがりますと、これまた今時と言っては語弊がありますが、非常に珍しい瓦でした。この瓦は厚型スレート瓦と言って、昭和初期によく葺かれた屋根材で...........

銅製の谷板金が変色しています。

四条畷市のお客様で点検した際に、屋根の谷部分で雨を流す為に取り付けられている谷板の素材が銅でされている、その銅製の谷板が長年の瓦から滴る雨水により浸食により薄くなって穴があきかけており、穴があいたら雨水の集まるところなので、雨漏りがするのは...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060