大東市で屋根瓦葺き替え工事、ご契約させていただきました。  


屋根点検
大東市にお住まいの方より屋根点検のご相談を頂き、訪問させて頂きました。
お客様宅に訪問後、雨の日、風向き等により、ポタポタと天井に音がしますとお聞きしまして、屋根に登らせて頂きました。
お客様宅の使用されています屋根瓦は、和風(日本瓦)スレート瓦でした。
屋根瓦の材質がスレートですので、築年数と共に、表面がサクサクになり、苔も多々発生してきています。
この様な状態になりますと屋根点検時に屋根瓦を破損させる場合がありますので、慎重に点検作業にはいります。
隅棟瓦の状態
雨の日、風向き等によりポタポタと音がする箇所です。
瓦の割れはありませんが、隅棟瓦の不陸が目につきます。(不陸/ふろく:水平ではなく凸凹なっている、ふりくともいう)

雨漏りの原因は、隅棟瓦にあると思いますが、平瓦及び棟瓦の劣化もひどく、瓦の防水性も無くなってきているかと思います。瓦の塗装工事では、サイクルが短くなり、細かい費用が発生してまいります。
隅巴瓦部
お客様宅の屋根形状は寄棟形状屋根です。
この箇所もお客様からは、雨の日に雨水が下の板金庇(バンキンヒサシ)に落ちて音がうるさいと。お聞きしていました箇所です。
鬼瓦先端のスミ巴瓦が軒樋を飛び出しています。
また、スミ巴瓦・鬼瓦は陶器焼き瓦で軒樋の詰まりも確認できました。
カラーベスト瓦
お客様宅、以前に増築工事をされ、屋根瓦はカラーベスト瓦で施工されていました。
この箇所は、瓦の変色が目につく程度で、今のところ問題無い様に見えますが、今後先々、屋根瓦を心配されますと、ここ近年のカバー工法をご提案させて頂きました。

屋根点検後、後日、お客様には、ここまで屋根瓦が劣化しますと、補修工事では、なにかと費用が発生しますので、屋根瓦の葺替え工事、いろいろな資料を見て頂きながら、説明させて頂きまして、屋根瓦葺替え工事をご契約させて頂きました。

近日中に工事着工予定です。
後日、ブログでご紹介させて頂きます。
ありがとうございました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

寝屋川市で和型瓦からリッジウェイに葺替えて屋根を軽量化されました。

和型屋根の葺替工事前
リッジウェイでの葺上工事完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
リッジウェイ
築年数
35年
建坪
15坪
保証
10年
工事費用
80万円(足場費込)
施工事例

枚方市 青い瓦の屋根からカラーベストにリフォーム工事を行います

瓦現状
完成写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
カラーベスト
築年数
建坪
保証
5年
工事費用
施工事例

寝屋川市 築40年近い屋根をいぶし瓦で葺き替え工事を行いました

工事前(和型いぶし瓦)
和型いぶし瓦完工写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
和型瓦(いぶし瓦)
築年数
約40年
建坪
保証
5年
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

大東市 ルーフテラスの雨押え板金取り付け、コーキング打ち替え工事

既存コーキング取り外し
雨押え板金工事完工
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
JFE鋼板株式会社 極み‐MAX セピア
築年数
約13年程
建坪
保証
工事費用
約15万 (足場含む)
施工事例

大東市でいぶし瓦の谷板金入れ替え及び漆喰工事をしました。

施工前
施工後
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ステンレス製谷板板金
築年数
約25年
建坪
約50坪
保証
工事費用
約50万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

守口市 瓦屋根が崩れています

守口市で台風被害にあった瓦屋根をリッジウェイに葺き替え工事を行いました。

守口市 屋根調査

守口市でいぶし瓦屋根の調査を行いました。以前に3棟の屋根の1棟をご紹介いたしました、2棟目の調査をご紹介いたします。1棟目⇒守口市 台風により袖瓦や棟瓦の割れやズレ被害、屋根調査しました。

守口市 屋根瓦解体処分工事

守口市で屋根の葺き替え工事を行いました。工事前は和瓦で葺かれていた屋根ですが、昨年の台風で瓦が崩れてしまっていました。補修工事を行っても今後先々の災害の事を考えると、この機会に葺き替え(ふきかえ)工事を行った方がランニングコストもお得なので...........