オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

門真市 築22年のスレート屋根をカレッセでカバー工事します


工事のきっかけ

築22年で一度も屋根のメンテナンスを行ったことがありませんでした。屋根の塗膜が剥がれ、コケが生えていたので屋根全体のやり替えをお考えでした。既存の屋根材がアスベストを含むスレート屋根でしたので、費用を抑えられるカバー工事を行いました。

門真市 屋根カバー工事

ビフォーアフター

before
工事前カラーベスト(石綿スレート瓦)
horizontal
after
工事後(カレッセ)

工事基本情報

施工内容
屋根カバー工事
施工期間
2日
使用材料
カレッセ
施工内容その他
築年数
保証年数
5年
工事費用
建坪
ハウスメーカー
門真市で、築22年のスレート屋根をカレッセでカバー工事を行います。


既存のスレートは、アスベストが含まれている石綿スレート瓦でした。アスベスト含まれている屋根材は、屋根の上に葺かれていることは問題ないのですが、屋根を葺き替える際に解体を行う事に問題があります。解体時にアスベストが飛散してしまうので人体に悪影響を与えてしまいます。解体には大掛かりな工事が必要なため、費用もかさみます。ということもあり、既存の屋根の上から新しい屋根材を重ねるカバー工事を行う事をおすすめいたします。

カバー工事前

工事前カラーベスト(石綿スレート瓦)
コケが生えています
屋根調査時のお写真です。
22年間屋根にお手入れをされていませんので、屋根材の塗膜が剥がれコケが生えていました。水捌けが悪くなりコケが生えることがあります。そこに砂ぼこりなどの細かなゴミが溜まりやすくなりどんどん水捌けが悪くなっていきます。スレート屋根は約10年を目安に塗装が必要です。

カバー工事

既存棟板金解体工事
板金下の貫板が腐食
カバー工事を行う際は、既存棟板金(むねばんきん)の解体を行います。

貫板(ぬきいた)とい木材が下地に使われていますのでこれも解体していきます。

22年もたっていますの貫板は腐食していました。
鉄釘がダメになっていた
貫板がかなり腐食していた
カバー工事では既存の屋根はそのままにしておきますが、棟は新しく取り替えます。

最初に解体しておいて、屋根材を葺き上げ最後に新しい棟板金を取り付けていきます。
既存棟板金・貫板解体後
軒先水切りを設置
防水紙を貼っていく前に、軒先水切りという板金を取り付けていきます。
粘着ルーフ貼り付け
木工事、シーラーを設置
粘着ルーフ(防水紙)を貼って、新しい屋根材カレッセを葺いていきました。
カレッセについて詳しくはこちらのコラムをご覧ください。

最後に棟工事です。下地に垂木を使用し、木の下にはシーラーを設置します。スポンジのようなものです。
棟板金をビス止め
工事後(カレッセ)
棟板金をビス止めしていき、屋根カバー工事の完成です。

赤丸部分を三つ又と言いますが、工事前とは違いカレッセは一体物になっています。勾配に合わせて生産されるので各屋根のごとに最適な部材を使用できます。

最後までおよみいただきありがとうございました。
街の屋根やさん大阪門真店

【工事完了後】

工事後(カレッセ)
カレッセでカバー工事を行いました。

カレッセはジェットブラック・ダークブラウン・Sいぶし・モスグリーンの4色からお選びいただくことが出来ます。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

四條畷市 MFシルキーの黒色で屋根カバー工事を行いました

工事前
カバー工法完成
工事内容
屋根カバー工事
足場
使用素材
福泉工業㈱ MFシルキー
築年数
25年
建坪
20坪
保証
5年
工事費用
約73万円(足場込み)
施工事例

交野市 カラーベスト屋根のカバー工事をカレッセで行いました

施工前写真
カレッセ使用でカバー工法完成写真
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
カレッセ
築年数
建坪
保証
5年
工事費用
施工事例

枚方市 カレッセで塗膜の剥がれたスレート屋根をカバー工事しました

枚方市 工事前
完成写真1
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
カレッセ
築年数
建坪
保証
5年
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

門真市で和瓦の棟の段積から7寸丸棟瓦へ葺替工事を行いました

30年経った和瓦屋根です。
7寸丸瓦で棟の葺替工事を行いました。
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
和型釉薬瓦
築年数
30年
建坪
15坪
保証
工事費用
25万円
施工事例

門真市 マンションの屋上でウレタン防水工事を行いました

屋上全景
トップコート
工事内容
防水工事
使用素材
ウレタン防水
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

門真市 破損した和瓦屋根の端3列の葺き直し工事を行いました

工事前
完成写真2
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
使用素材
釉薬瓦
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

a26949259f82de4a854fc9748a14acba

門真市で玄昌石調の高級カラーベストの上から、カバー工法で当社で一番人気のIG工業製のガルバリウム鋼板屋根材の「スーパーガルテクト」の少しお高い高耐候仕様のフッ素仕様をカバー工事させて頂きました。屋根には天窓などもあり、その廻りの板金仕舞、そ...........

守口市 立平施工後

守口市の工場屋根を、既存の屋根材の上から重ね葺きをするカバー工法で工事を行いました。以前の屋根はアスファルトシングル材ですが、次使用したものはガルバリウム鋼板の立平板金を使用します。

kadomasiasiba

工事は3日間で行いました。その初日は鉄骨足場を組んでいます。3階建ての切妻屋根ですが、一部急こう配の箇所があるため部分足場で組んでいます。

 

 

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060