寝屋川市で雨漏りで天井にシミがあるとのことで、雨漏り調査に伺いました。


寝屋川市のお客様より、天井にシミがあるので雨漏りがしてるようだから見て欲しいとのご依頼を頂き、雨漏り調査兼屋根点検に伺ったのですが、屋根に上がってみますと経年年数は30年ほどの和型の釉薬瓦なのですがズレもなく、棟(むね)の面戸漆喰(めんどしっくい)、鬼瓦や棟の取り合い部分の漆喰も新しく、外観上は全く問題がありません。
どこから雨漏りを起こしているのでしょうか?
天井に雨漏りによるシミが
家の中を確認しますと、天井にシミがありますので、雨漏りを起こしているようです。
雨漏りの位置を確認して屋根に上がり、同じ位置を確かめます。
棟の漆喰は良好な状態
上がってみると、瓦自体は30年ほど経ってますが割れ等もなく、瓦のズレなどもありません。
また、面戸漆喰(めんどしっくい)や、鬼瓦廻りの漆喰なども真新しく、外観の見た目には問題はありません。
和型釉薬瓦の寄棟屋根
一見、問題はないようにみえますがこの屋根は葺かれてから30年ほど経ってますので、漆喰などをされて問題ないようにみえるのですが、実は棟の面戸漆喰は雨を防水する効果はないのです。
漆喰自体、水を吸いますので弾くような防水効果はなく、これは美観及び、棟の中の葺土が雨で削られないように仕上げをしているのです。
だから、漆喰工事をしても経年で棟の葺土が痩せてしまい、段積みしてある熨斗瓦(のしかわら)の勾配が緩くなると、雨水が棟内に入り易くなり、雨漏りを起こしてしまうのです。
瓦下を雨水が流れた跡
雨漏りを起こしている部分の下の棟際の瓦を外すと、水が流れて土を崩した後がありますし、土自体もまだ濡れておりました。
原因は棟の段積している熨斗瓦が経年で勾配が緩くなり、雨水を棟内に溜め込みやすくなり、スポンジと一緒で土が吸いきれなくなった雨水が瓦下を流れて、釘などを打っている部分から雨漏りを起こしているのです。
このような状態になれば、いくら外観上に問題なくても棟部分は葺替しなければなりません。
雨漏りがするので棟の漆喰工事をしましょうという業者がありますが、棟の漆喰では雨漏りは止めれませんので知っておいて下さい。

この棟の葺替工事の場合、また段積を行うと重量もかさみますし施工費用も高くなりますので、見た目的に和風の段積にこだわりがなければ、風にも強く、屋根の軽量化、そして工事費用を抑えることもできる「7寸丸棟瓦の強力棟工法」での棟の葺替工事をお勧めします。

雨漏りにお困りの方はこちらのコラムもご覧ください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

門真市で和瓦の棟の段積から7寸丸棟瓦へ葺替工事を行いました

30年経った和瓦屋根です。
7寸丸瓦で棟の葺替工事を行いました。
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
和型釉薬瓦
築年数
30年
建坪
15坪
保証
工事費用
25万円
施工事例

四條畷市 棟瓦が崩れていたので丸瓦で棟の取り替え工事を行いました

熨斗瓦が崩れてしまっています。
7寸丸棟瓦を並べて完成
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
7寸丸瓦(釉薬瓦)
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

枚方市 雨漏りしている屋根の棟瓦取り替え工事を行いました

現状写真
完成写真
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
7寸丸瓦
築年数
建坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

寝屋川市で和型瓦からリッジウェイに葺替えて屋根を軽量化されました。

和型屋根の葺替工事前
リッジウェイでの葺上工事完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
リッジウェイ
築年数
35年
建坪
15坪
保証
10年
工事費用
80万円(足場費込)
施工事例

寝屋川市 スレート屋根の棟包み板金取り替え工事を行いました

棟板金現状
完成写真
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

寝屋川市 築40年近い屋根をいぶし瓦で葺き替え工事を行いました

工事前(和型いぶし瓦)
和型いぶし瓦完工写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
和型瓦(いぶし瓦)
築年数
約40年
建坪
保証
5年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

塀の棟が崩れてしまっています。

守口市で一昨年の大阪北部地震の揺れで、塀自体が振られてしまい、塀の上の棟の瓦が崩れたりしたりした被害が多くみられました。このお客様のお宅も家の周囲をほとんど塀で囲われており、目板瓦という、普通の瓦のように波型形状ではなく真っすぐな直線的な意...........

門真市棟漆喰

雨漏りの一つ目の原因として、大屋根の棟漆喰全体がこのように外側にでているのがわかると思います。本来は、棟の内側にくるのが理想なのですが、これでは、雨水が伝いやすく内側に入りやすいので、雨漏りの原因につながります。ここまで厚く塗っているとゆう...........

棟のノシ瓦が欠損しており、棟自体も崩れかけております。

一昨年の台風21号から、はや1年半近く経ちまいした。道路を通ってみてもブルーシートの掛ったままの家などはほとんど見かけることがなくなり、台風被害の復旧工事も一段落をついたように思われます。しかし、実際は未だに被害を受けて補修工事が終わってい...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060