オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

交野市で先日の大雨で雨漏りがしたので見て欲しいとご依頼を頂きました。


交野市のお客様より、先日の大雨の時に子供さんが雨漏りをしてるのを発見され、天井をみるとシミができていましたので一度屋根を見て、雨漏り調査をしてほしいとご依頼を頂きました。屋根に上がってみますと屋根材は30年ほど経過している和型の釉薬瓦(ゆうやくがわら)なのですが、あちらこちらにコーキングが塗られており、このコーキングが返って雨の流れを止めてしまい雨漏りに繋がっておりました。
天井に雨漏りシミがあります。
まず室内の雨漏りを起こしてシミがある天井を確認させて頂きました。大きなしみではありませんが、確かに雨漏りを起こしています。
屋根全体で、ラバーがされてます
屋根にあがりまして全体を見回しますと、棟の部分や平部などにもコーキングが塗られており、過去に雨漏りを起こしたか、訪問販売で流行りましたラバーロック工法という、瓦の繫ぎ目にコーキングを打ってズレを防止するという工事を行ったようです。
雨漏りを起こしている部屋は、ちょうど谷部の下なので谷部を確認してみました。
谷部の瓦が凍害で割れてます。
谷部ですが、瓦が凍害で表面が割れています。
凍害というのは、瓦が古くなると吸水率があがり冬場などに瓦が含んだ水分が凍結膨張して表面を割ってしまう現象で、北面などの日の当たりにくい箇所によく見られます。
また、谷板板金も銅板で高価で加工性もいいので良く使用されていたですが、酸性雨などの影響で腐食が進み、年数が経つと穴が開くなどの不具合が良く見られます。

凍害について詳しくはこちらのコラムをご覧ください。
谷部の瓦下にコーキングが打たれ雨水を止めてしまいます。
雨漏りの原因、谷部の瓦下の漆喰と谷板金のところの下端にのみコーキングを打ってあることで、大雨などで谷部に流れた雨水がコーキングを乗り越え、瓦の下に入った雨水が谷板金と漆喰の繫ぎ目に打ったコーキングの為に排出されなくなり、オーバーフローを起こし水が流れる谷板金から溢れて谷板金下に雨水が流れたことが原因です。

少しわかりにくいかもしれませんが、谷部の漆喰下にコーキング打つのはタブーなのです。
このように、屋根にコーキングを打つことは止水の観点からはいいですが、ズレ防止などで接着することは、塗かたによっては雨漏りを起こす場合がありますので、ちゃんと屋根、そして雨水の流れを理解している屋根専門業者に点検調査をご依頼ください。
今回は、棟の葺替工事、谷板金の入れ替えなどの補修工事と、全体葺替工事の提案を合わせてさせて頂きました。
ご依頼ありがとうございました。

雨漏りにお困りの方はこちらのコラムもご覧ください。


街の屋根やさん大阪門真 0120-198-060

同じ工事を行った施工事例

施工事例

寝屋川市で和型瓦からリッジウェイに葺替えて屋根を軽量化されました。

和型屋根の葺替工事前
リッジウェイでの葺上工事完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
リッジウェイ
築年数
35年
建坪
15坪
保証
10年
工事費用
80万円(足場費込)
施工事例

枚方市 青い瓦の屋根からカラーベストにリフォーム工事を行います

瓦現状
完成写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
カラーベスト
築年数
建坪
保証
5年
工事費用
施工事例

寝屋川市 築40年近い屋根をいぶし瓦で葺き替え工事を行いました

工事前(和型いぶし瓦)
和型いぶし瓦完工写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
和型瓦(いぶし瓦)
築年数
約40年
建坪
保証
5年
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

交野市 カラーベスト屋根のカバー工事をカレッセで行いました

施工前写真
カレッセ使用でカバー工法完成写真
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
カレッセ
築年数
建坪
保証
5年
工事費用
施工事例

交野市でMFシルキーのカバー工事をしました。

カラーベスト苔
MFシルキー完成写真
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
築年数
20年
建坪
20坪
保証
5年
工事費用
約65万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

守口市 アスファルトシングル材屋根調査

守口市の工場屋根の雨漏り調査を行いました。こちらの屋根はアスファルトシングル材で葺かれています。経年劣化や風災で砂石が剥げ、アスファルト材が露出していたり、かがれ落ちて下地のルーフィングが露出しているところがたくさんありました。雨漏り箇所の...........

大東市和瓦屋根

施工前写真です。棟部分が経年劣化や震災の影響でズレを起こしていました。そこから少しずつ雨水が侵入して雨漏りの原因になっていました。

瓦桟を打ち、瓦を屋根に揚げて行きます。

先日からご紹介させて頂いている、大阪狭山市の屋根葺替工事の様子です。前回までは、瓦の解体、そして下地野地の工事までご紹介させて頂きましたが、今回はいよいよ新しい瓦葺の様子を紹介させて頂きます。前回までのブログはこちら!既存いぶし瓦の解体の様...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060