枚方市で和瓦屋根の雨漏り原因究明を行いました。


和室の天井に雨シミがあり、雨漏りをしているので見て欲しいとのご依頼を受けて点検に行ってきました。
まず雨漏りを起こしている室内を確認してから屋根に上がりますと、谷部の板金の劣化、谷部の瓦下の漆喰(しっくい)の割れやズレをみますとこの部分かと思いましたが、和室天井の雨漏りを起こしてる位置と、谷部の位置が少しズレているので天井裏も確認することにしました。
天井に雨漏りによるシミが見られます。
2階の和室の天井に雨漏りによるシミがあるとのことで、室内から確認させて頂きますと確かに雨漏りによりシミが見られます。家の形と屋根の形を頭の中で重ね合すと、この家には谷部があるのでその付近かなとある程度の予想をして屋根に上がるのですが、ただ少し谷部からズレがあるのでその辺の整合性も確認も行います。
屋根からみて雨漏りはこの辺
続いて屋根に上がって確認をします。屋根全景ですが、雨漏りを起こしているは赤丸の辺り、、谷部の近くではあるのですが、少し位置的にズレがあります。まずはその近辺の谷部のあたりを点検します。
谷部の面戸漆喰が剥がれてます。
谷部の板金が完全に錆びており、瓦下の面戸漆喰(めんどしっくい)が剥がれて谷板金部分に落ちてきています。でも、この谷部の漆喰は瓦下の葺土が流れない為と、鳥などが入らなくする為で、あまり雨仕舞に関係するところではないのですが、ただ谷部の中心に転がった漆喰の破片が雨水の流れを堰き止めて谷板金をオーバーフローして雨漏りという事例もありますので、谷漆喰などの剥がれが見られれば、漆喰の再施工等が必要になります。
谷部の瓦にズレが見られます。
谷部の漆喰が剥がれた部分の瓦でズレた瓦も見られましたが、谷板金の上になりますので、この部分からの雨漏りも位置的には違います。
棟面戸漆喰が面一
一番雨漏りの可能性があるのは、棟の面戸漆喰(めんどしっくい)がノシ瓦の端と面一で、これでは雨をすべて漆喰が受けてしまい雨が棟の中に入ってしまいます。中の葺土がある程度吸ってくれますが、吸う許容量を超えると屋根面に流れて、瓦下を雨が流れてしまいます。また、コーキングをするラバーロック工事もしておりますので、余計に棟内の雨水が抜けないですね。
棟下の瓦を外して、雨水が流れているか確認すればすぐにわかるのですが、この平部もラバーロックしてますので、コーキングで接着されており瓦を外して点検することもできないのです。
天井裏で雨漏りを確認
屋根上からは特定できないので、屋根裏に入って雨漏り箇所を確認します。写真の赤丸のところに濡れてカビが生えて白くなった部分あり、そこから木材を伝って天井雨水が落ちている箇所を確認しました。
そうすると、谷部より横の軒先に一番シミがあるので、谷部の場合は谷の中心に雨水が集まり雨漏りを起こすので谷部ではないようです。
棟部分から伝って雨漏り
原因は棟部だったのです。棟から入った雨水は、瓦の下の下葺材の上を流れて、軒先の方にながれ、土止めなどに横方向に打っている桟木などの釘部分や下葺材の破れ部分から、天井裏内に落ちて、木材を伝って、あの和室の天井に落ちていたのです。
これで、雨漏り箇所の特定ができましたので、雨漏りを止める工事の提案をさせて頂きます。
水の流れというのは複雑で、雨漏り箇所を特定するのは難しいのですが、当社では徹底的に調べて原因を究明します!

雨漏りにお困りの方はこちらのコラムもご覧ください。

街の屋根やさん 大阪門真店 0120-198-060

同じ工事を行った施工事例

施工事例

寝屋川市で和型瓦からリッジウェイに葺替えて屋根を軽量化されました。

和型屋根の葺替工事前
リッジウェイでの葺上工事完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
リッジウェイ
築年数
35年
建坪
15坪
保証
10年
工事費用
80万円(足場費込)
施工事例

門真市で和瓦の棟の段積から7寸丸棟瓦へ葺替工事を行いました

30年経った和瓦屋根です。
7寸丸瓦で棟の葺替工事を行いました。
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
和型釉薬瓦
築年数
30年
建坪
15坪
保証
工事費用
25万円
施工事例

八尾市 うねっている棟瓦を丸伏せ工法で積み替え工事を行いました

八尾市 棟がうねってきています
八尾市 丸伏せ工法完成
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
釉薬瓦(7寸丸瓦)
築年数
建坪
保証
工事費用
約45万円

同じ地域の施工事例

施工事例

枚方市 青い瓦の屋根からカラーベストにリフォーム工事を行います

瓦現状
完成写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
カラーベスト
築年数
建坪
保証
5年
工事費用
施工事例

枚方市 雨漏りしている屋根の棟瓦取り替え工事を行いました

現状写真
完成写真
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
7寸丸瓦
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

枚方市 カレッセで塗膜の剥がれたスレート屋根をカバー工事しました

枚方市 工事前
完成写真1
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
カレッセ
築年数
建坪
保証
5年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

門真市棟漆喰

雨漏りの一つ目の原因として、大屋根の棟漆喰全体がこのように外側にでているのがわかると思います。本来は、棟の内側にくるのが理想なのですが、これでは、雨水が伝いやすく内側に入りやすいので、雨漏りの原因につながります。ここまで厚く塗っているとゆう...........

東大阪市門屋補修前

ここの、角の部分に、トラックがバックでぶつかったのですが、瓦だけでなく木の土台や雨樋にも当たっています。

ブルーシート劣化

昨年の台風21号後におそらくブルーシートを貼り、養生をしていたと思われますが写真のようにブルーシート及び飛ばないように押さえていた土のう袋が劣化してボロボロになっていました。瓦の上に砂が流れ落ちて、放っておくと雨漏りにつながるかもしれません...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060