オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

寝屋川で雨漏り調査をしたら、太陽光温水器のせいで雨漏りを起こしていました。


寝屋川市のお宅で、台風21号、22号の時に雨漏りがしたので見て欲しいとのご依頼を受け、屋根の調査に行ってみますと築40年ほどの家で、瓦の新築時に葺いたままとのことでしたので瓦のズレか、棟のノシ瓦の勾配が緩くなることで起きる雨漏りかななんて予想をしながら、調査を始めました。
雨漏りを起こしている天井を確認します。
まずは雨漏りを起こしている箇所を確認します。天井が濡れて天井板に貼ってあるプリントがシワになっています。今回の台風で大きく漏ったとのことですが、前から漏っていて今回大きくでたようです。
雨漏りを起こしている箇所は西側で部屋の中心よりちょっと左側かな。
ハシゴをかけて2Fに上がります。
ハシゴを掛けて屋根の点検確認を行います。
さっき家内の雨漏りを起こしてる箇所と屋根形状を照らし合してだいたいの雨漏りを起こしている箇所を特定して確認をしていきます。
棟の瓦、平部の瓦を点検
棟部の瓦などを点検します。ここもラバーロック工事を行ってますが、桟の山付近、棟部は繫ぎ目だけなので、雨水の流れを堰き止める可能性は最小限になってます。
目視で確認しても、経年により古くはなってますが、大きなズレや割れ等も見られません。
雨漏りを起こしている箇所も、もう少し奥の方です。
太陽光温水器が屋根に設置されています。
奥を確認しますと、雨漏りを起こしている付近に、大きな太陽光温水器が設置されています。太陽からくる輻射熱でお湯を沸かす商品で、訪問販売で販売されており屋根上に設置する場合もワイヤーで引っ張って取付、水を入れたら重量もかかるものですから、瓦屋根には良いものではありません。
お客様は台風で雨漏りを起こしたので、この太陽光温水器が風でズレて瓦を痛めて雨漏りを起こしたんじゃないかとも言われてましたが、ズレや廻りの瓦に割れ等も見られません。
太陽光温水器げ原因で雨漏り
ズレや割れはありませんでしたが、雨漏りの原因は太陽光温水器にありました。
あまり流れ方向に長さがないお宅なので、太陽光温水器が棟際ギリギリに設置されており、風の強い横からの雨などのときには、その太陽光温水器のタンクに当たった雨が跳ねて、棟にかかってしまうのです。
でも、棟には雨が掛かる場所なのでそんなことで雨漏りを起こしてたらと思いますよね。
これは、跳ねた雨が当たってている箇所が問題なのです。
跳ねた雨水が面戸漆喰に当たります。
写真は真上からみた図ですが、太陽光温水器にタンクに当たり跳ねた雨水が、棟の面戸漆喰に当たるのです。面戸漆喰は名の通り漆喰ですから雨水を吸います。その漆喰の下には葺土があり、その水分が葺土に浸透していき、吸いきれなくなった水分が瓦の下に流れて雨漏りを起こしているのです。
しかも、これだけ棟に近づけて設置してると日も当たりませんので乾燥もしにくくなります。
そうすると今回の台風前の長雨でかなり水分を吸っているところに、台風の横殴りの雨でさらに濡れるとスポンジと一緒で、吸いきれない水分は瓦下に流れ出してしまうのです。
太陽光温水器の設置する方は、屋根の知識は少ないので、こんな設置をしてしまうのでしょうね。

このお宅も、現在設置されている太陽光温水器は使ってないとのことで、破棄してほしいとのご要望も頂きました。
屋根に後から設置するもの、この太陽光温水器や、発電するソーラーなども雨仕舞を悪くすることもありますので、
設置する場合は、屋根の専門業者に相談された方がいいですよ。

そんなご相談も「街の屋根やさん大阪門真店」にお気軽にご相談下さい。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

寝屋川市で和型瓦からリッジウェイに葺替えて屋根を軽量化されました。

和型屋根の葺替工事前
リッジウェイでの葺上工事完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
リッジウェイ
築年数
35年
建坪
15坪
保証
10年
工事費用
80万円(足場費込)
施工事例

門真市で和瓦の棟の段積から7寸丸棟瓦へ葺替工事を行いました

30年経った和瓦屋根です。
7寸丸瓦で棟の葺替工事を行いました。
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
和型釉薬瓦
築年数
30年
建坪
15坪
保証
工事費用
25万円
施工事例

八尾市 うねっている棟瓦を丸伏せ工法で積み替え工事を行いました

八尾市 棟がうねってきています
八尾市 丸伏せ工法完成
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
釉薬瓦(7寸丸瓦)
築年数
建坪
保証
工事費用
約45万円

同じ地域の施工事例

施工事例

寝屋川市で和型瓦からリッジウェイに葺替えて屋根を軽量化されました。

和型屋根の葺替工事前
リッジウェイでの葺上工事完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
リッジウェイ
築年数
35年
建坪
15坪
保証
10年
工事費用
80万円(足場費込)
施工事例

寝屋川市 スレート屋根の棟包み板金取り替え工事を行いました

棟板金現状
完成写真
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

寝屋川市 築40年近い屋根をいぶし瓦で葺き替え工事を行いました

工事前(和型いぶし瓦)
和型いぶし瓦完工写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
和型瓦(いぶし瓦)
築年数
約40年
建坪
保証
5年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

枚方市谷雨漏り

玄関上にある銅板で出来ている屋根と瓦の屋根との境目にある谷部分付近で雨漏りがしているとの事で谷部の補修とその付近の瓦を積みなおしていく工事です。

枚方市屋根調査

以前調査を行ってから日にちが経ってからの補修でしたのでもう一度現場調査を行ってからの補修になりました。時間が経つにつれて屋根の傷み方も変わっていきます。大幅に変わってしまうと料金も変わってしまいますのでお見積りには期限があります。

2020-06-27-10.42.39

郊外や、市内などに良く見られる、昭和50年台に建てれた築40年ぐらいのの釉薬和形瓦屋根の家。見た目には大きな問題はなく、普段の雨では雨漏りもしないのですが、梅雨時や秋の長雨の時、風が強い横殴りの雨の時などには雨漏りを起こすという事例はよく見...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060