オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大阪市 8階建てマンション屋根の雨漏り対策に板金工事行いました。


大阪市中央区の8階建てマンションで雨漏りがするとのことで、数か月前に雨漏り調査を行いましたが、8階建てで屋根面は急勾配。天窓が付いているのでビルのオーナーからは天窓からの雨漏りだと聞いていただのですが、漏っている部屋内を見せてもらうと、雨漏り箇所が天窓ではなくその横付近からの雨漏りなので、これは天窓からの雨漏りではないので、キッチリと原因を究明する為に、部屋内の天井に点検口を開けて、天井裏の確認をしました。



以上の工程を経て、天井裏を確認して、雨漏りを起こしている箇所を特定しましたので、今回はその対策としての板金工事を行いました。
ケラバ部分に止水シーラーを貼り付けます。
階段横のケラバ部分に止水シーラーを取り付けます。なぜこんなことをするのかと言いますと、ケラバ板金はカラーベストの下に雨水を流すようになっているのですが、ここに長年の風雨によって汚れや埃などが堆積しやすくなるのです。そうすると、水は捨谷板金を軒先方向に流れず、カラーベスト下に流れ出してしまうことがありますので、この部分に止水シーラーを2重に貼り付け、その上から大型板金でカバーします。
ケラバを大型の板金で被せてしまいます。
シーラーを貼り付けけた上から大型の鋼板をかぶせてビスで取り付けました。
これにより、既存のケラバ板金付近に雨水が流れなくなりますのでカラーベスト下に流れていかないようになります。
まず、この部分の雨漏りの可能性をつぶします。
階段横の取り合い部にもカバーします。
階段との取合い部分も、板金を加工してカバーを取り付けます。この取合いの鉄骨階段を伝う雨水を防ぎます。
階段下の雨押え板金もカバーします。
階段下の壁際の雨押え板金も新たにカバ―をします。この部分はあまり雨の当たらないところですが、コーキングが劣化していた箇所でもありますので、新たにカバーを行いました。
階段と壁の取り合い部にもカバー板金を取り付けます。
階段と屋根下の壁との取合い部分にも新たに板金でカバーしてシーリング処理を行います。
この辺りも、シーリング劣化したましたので、念のためカバー工事をしておきました。
急勾配なので、安全帯の金具を付けながらの作業になります。
8階建ての急勾配なので、本来なら足場をしなければならないのですが、これだけの工事で1階から足場を組むのは現実的ではないので、今回は鉄骨階段付近の工事が主でしたので、階段手すりなどに安全帯を金具を引っ掛けることができましたので、足場が無くても工事をさせて頂きました。
これで、工事は完了です。
あとは何回か雨をやり過ごしての様子見になりますね。

ご依頼ありがとうございました!


この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

台風21号で半面、シングルが飛散

門真市の8階建てのマンションの屋根のシングル材が昨年の台風21号で飛散しており、この上からガルバリウム鋼板の立平葺での工事のご依頼は受けているのですが、今回の大雨で最上階の角部屋に雨漏りがしたとのことで、確認及び雨漏り養生を詩に来ました。早...........

樋から雨が漏るのが、この位置。

寝屋川市のマンションの管理会社様からお問い合わせを頂き、マンションの樋から雨水が溢れて、下の車に当たって苦情がきているので、一度見て欲しいとのご依頼を受けまして、確認に参りますとかなり階層のあるマンションでした。

10階建のマンションで足場が架設されてます。

門真市の当社事務所前の10階建マンションの屋根点検をマンションのオーナー様から御依頼を受けました。このマンションは建てられてから25年ということで初めての外壁改修工事に現在入っておりまして、外壁業者から屋根も年数が経っているので見てもらった...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060