寝屋川市 下屋根の壁際から雨漏り!壁際の瓦仕舞に問題あり。


寝屋川市の2階建てのお宅で、1階部分から雨漏りがするとのことで屋根点検をしたのですが、どうも下屋根の壁際から雨漏りを起こしているようでした。
壁際の瓦の割り付けが悪いといいますか、まぁ、屋根の寸法は決まってるのでこれは致し方ないのですが、壁際で瓦の水の流れる谷部分でのカットになってしまう。
そして、その上に積んでいるノシ瓦が大きく出ており、積んでいる段数も1段ですので、つなぎ目から雨水が入る。
雨押え板金が小さいなどの問題があるのですが、それでも新しいうちは瓦の下に入ってる捨て谷板金により、軒先まで雨水も流れてくれていたんだろうけど、経年により、瓦下の土などが流れて、捨て谷板金の雨水の流れるところに詰まってしまって雨漏りを起こしているようです。
対策として、この部分に雨があたらないように、板金を加工して大きなカバーを取り付けることにしました。
瓦の割り付けが悪いので、その部分から雨漏りを起こしているようです。
この壁際で雨漏りがしているのですが、一番壁際に入っている半端瓦が割り付け上、瓦の谷部分でカットした瓦が入っています。ノシ瓦が大きく雨押板金より飛び出しております。
この屋根は一度葺替工事がされているようで、壁際の雨押板金の高さが決まっていますので、後から差し込んだので1段しか積めなかったようですね。
のし瓦が雨押板金より大きく飛び出しています。
大棟の瓦が雨押え板金の上に乗ってますので、そこからも雨押板金が先にあったことがうかがえます。
それにノシ瓦に雨押板金もほとんど被ってませんし、雨仕舞は宜しくありません。
壁からノシ瓦がかなり大きく出ています。
コーナー部分もコーキングだらけですので、前から雨漏りがしているようですね。
瓦割のいいところまで大きくカバーしました。
板金を加工して、ノシ瓦まで一体で被せてしまします。
壁際に大きな雨押板金をカバーしました。
割り付け上、谷部でカットされた桟瓦まで完全に板金でカバーをして、そこに雨が当たらないよいうにしてしまいました。これで、雨漏りをしている壁際の瓦下の捨て谷板金に雨水が流れなくなるので、雨漏りは止まります。
棟にも大きく円形で板金を加工して取り付けます。
反対側の壁際と、棟部分にも板金を加工して丸くカバーをして、シーリングを打って完成です。
これで雨漏りもなくなるでしょう。
瓦を解体して行うよりも、手間もかかり間ませんし安価でできました。見た目も悪くないと思います。
やっぱ、雨漏りは気になりますし、家にも良くありませんので、雨漏りにお悩みの方は、お気軽にお問合せ下さい。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

寝屋川市で和型瓦からリッジウェイに葺替えて屋根を軽量化されました。

和型屋根の葺替工事前
リッジウェイでの葺上工事完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
リッジウェイ
築年数
35年
建坪
15坪
保証
10年
工事費用
80万円(足場費込)
施工事例

門真市で和瓦の棟の段積から7寸丸棟瓦へ葺替工事を行いました

30年経った和瓦屋根です。
7寸丸瓦で棟の葺替工事を行いました。
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
和型釉薬瓦
築年数
30年
建坪
15坪
保証
工事費用
25万円
施工事例

八尾市 うねっている棟瓦を丸伏せ工法で積み替え工事を行いました

八尾市 棟がうねってきています
八尾市 丸伏せ工法完成
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
釉薬瓦(7寸丸瓦)
築年数
建坪
保証
工事費用
約45万円

同じ地域の施工事例

施工事例

寝屋川市で和型瓦からリッジウェイに葺替えて屋根を軽量化されました。

和型屋根の葺替工事前
リッジウェイでの葺上工事完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
リッジウェイ
築年数
35年
建坪
15坪
保証
10年
工事費用
80万円(足場費込)
施工事例

寝屋川市 スレート屋根の棟包み板金取り替え工事を行いました

棟板金現状
完成写真
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

寝屋川市 築40年近い屋根をいぶし瓦で葺き替え工事を行いました

工事前(和型いぶし瓦)
和型いぶし瓦完工写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
和型瓦(いぶし瓦)
築年数
約40年
建坪
保証
5年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

門真市棟漆喰

雨漏りの一つ目の原因として、大屋根の棟漆喰全体がこのように外側にでているのがわかると思います。本来は、棟の内側にくるのが理想なのですが、これでは、雨水が伝いやすく内側に入りやすいので、雨漏りの原因につながります。ここまで厚く塗っているとゆう...........

東大阪市門屋補修前

ここの、角の部分に、トラックがバックでぶつかったのですが、瓦だけでなく木の土台や雨樋にも当たっています。

ブルーシート劣化

昨年の台風21号後におそらくブルーシートを貼り、養生をしていたと思われますが写真のようにブルーシート及び飛ばないように押さえていた土のう袋が劣化してボロボロになっていました。瓦の上に砂が流れ落ちて、放っておくと雨漏りにつながるかもしれません...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060