門真市 連棟長屋の和形瓦から軽量屋根材のリッジウェイに葺き替え工事、断熱工法で。


門真市で連棟の3件長屋の1軒分のみを、現在葺かれている和形いぶし瓦をめくって、既存の下地の上から垂木を取り付け、軒先の垂れた部分も補正をいれて野地を真っすぐにして、垂木の間にスタイロフォームの断熱材を敷いてその上にコンパネ12mmを貼り、仕上げに軽量シングル材のリッジウェイを葺上げる工事を行いました。
棟は台風の被害で棟瓦が飛散してしまっています。
和形いぶし瓦の屋根ですが、棟瓦が台風でかなり飛散した状態です。
もちろんシート養生はしてりますが、ほぼ1年この状態。
かなり不安だったと思います。
軒先が垂れてしまっています。
経年のよる、垂木の劣化か、軒先がかなり垂れてしまっています。
完全にこの垂れを解消し用と思えば、垂木の打ち替えになりますので、大工事になってしまいますので、今回はかませ物して、補正をすることになりました。
瓦をめくっています。
まずは瓦の解体!
古い瓦をはがしていきます。瓦の下からは大量の土がでてきますので、その土も人海戦術で取り除いていきます。
これが大変なんです、、、
既存の野地に垂木を打ち合付けて嵩上げをします。
キレイに瓦と土を取り除いたら、既存の野地板の上に更に垂木を取り付けていきます。垂れた軒先部分も軒の鼻隠し板を取り付け補正を行います。
垂木の間に断熱材のスタイロフォームを敷いています。
取り付けた垂木の間に断熱材のスタイロフォームをはめ込んでいきます。これで屋根断熱になるんです。
コンパネを垂木に打ち、野地仕舞を行います。
断熱材をはめ込んだ上に、12mmのコンパネ板を貼って、新しい野地を作ります。
この次に葺き上げるリッジウェイにしても、カラーベストにしても、その他どの瓦でも、現在では釘で止付けますので、釘の保持力の強い、コンパネ下地が基本となっているのです。
リッジウェイを葺きあげていきます。
コンパネの上に防水シートのゴムアスルーフィングを貼って、軽量シングル材のリッジウェイを葺き上げていきます。リッジウェイは柔軟な素材で割れることもないので、エアーネイラーで釘を留めつけていきます。
リッジウェイを葺上げて棟仕舞をして完成です。
すべてのリッジウェイを葺上げて、棟包板金を取り付けたら完成です。
これで、雨漏りの心配もなく地震でも安心な軽量屋根が完成です。

軽量屋根にすると、地震での被害の軽減につながりますので、耐震の観点からは有効的ですね。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

寝屋川市で和型瓦からリッジウェイに葺替えて屋根を軽量化されました。

和型屋根の葺替工事前
リッジウェイでの葺上工事完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
リッジウェイ
築年数
35年
建坪
15坪
保証
10年
工事費用
80万円(足場費込)
施工事例

枚方市 青い瓦の屋根からカラーベストにリフォーム工事を行います

瓦現状
完成写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
カラーベスト
築年数
建坪
保証
5年
工事費用
施工事例

寝屋川市 築40年近い屋根をいぶし瓦で葺き替え工事を行いました

工事前(和型いぶし瓦)
和型いぶし瓦完工写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
和型瓦(いぶし瓦)
築年数
約40年
建坪
保証
5年
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

門真市で和瓦の棟の段積から7寸丸棟瓦へ葺替工事を行いました

30年経った和瓦屋根です。
7寸丸瓦で棟の葺替工事を行いました。
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
和型釉薬瓦
築年数
30年
建坪
15坪
保証
工事費用
25万円
施工事例

門真市 マンションの屋上でウレタン防水工事を行いました

屋上全景
トップコート
工事内容
防水工事
使用素材
ウレタン防水
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

門真市 破損した和瓦屋根の端3列の葺き直し工事を行いました

工事前
完成写真2
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
使用素材
釉薬瓦
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

妻下部写真

寝屋川市の平屋の和形瓦で葺かれていた入母屋屋根をアスファルトシングル屋根材のリッジウェイでの葺き替え工事とトタン波板部を立平板金で葺き替え工事を行いました。建物が古くなると母屋が痩せてきたりして、野地に浮陸がでてしまいカラーベストなどの硬質...........

現状写真1

寝屋川市の和形いぶし瓦が葺かれた平屋建ての物件で、昨年の台風21号で屋根瓦が飛散してしまい、その他の部分も経年劣化が激しいので、補修工事ではなく葺替工事を行うことに。。新しい屋根材はシングル系のリッジウェイで、軽量で柔軟性もあるのでこのよう...........

セキスイUかわらの塗膜が剥がれていますね。

枚方市でセキスイU瓦が葺かれた屋根の点検のご依頼を頂きました。セキスイU瓦は、1970年に積水化学工業㈱が製造販売を開始し、波型石綿スレートの薄い波型の屋根材として、カラーベスト屋根や瓦棒屋根上からカバーできる屋根材として販売され拡販されま...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060