オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

門真市 4軒連棟屋根の1軒のみを葺替工事。隣屋との取り合い工事が大変なんです。


連棟の一番端の部分のみ葺替工事を行います。
門真市で4軒連棟の物件の屋根の一軒分のみ、昨年の台風21号で瓦が飛散したので葺替工事を行うことになりました。しかし、隣の屋根の台風でかなりの被害がでており、軒の瓦や樋などもない状態なのですが、今回は一緒に工事されないとのことで、隣屋根との取り合い部は板金でカバー工事することにしました。
瓦はすでに解体して、新しく野地にコンパネを貼って、下葺材のルーフィングまでは工事してあり、今日はシングル材のリッジウェイの葺上工事になります。
隣屋根の瓦部は瓦が飛散して無くなっている状態です。
隣り屋根部分には全体的にシートが掛けられているのですが、取り合い部分の工事をしなければならないので、少し外すと、なんと瓦がないではしませんか、、、、
これでは、取り合い部の雨仕舞ができませんので、この部分の瓦の補修からしなければなりません。
軒先の瓦を取り付け、取り合い部分の瓦の補修をします。
下地にルーフィングを貼り、無くなっている瓦を補充しなっがら瓦の補修をしていきます。
これをしとかないと、このつなぎ目で雨が漏れてしまいますので、この部分の瓦はちゃんと補修しなければなりません。
隣屋と取り合い部分の瓦を補修して、捨て板金を取り付けます。
隣りの和形瓦を補修したら、取り合い部分の被せる板金を留めつける下地木を打ち、そこに捨て板金を取り付け、リッジウェイを葺き上げていきます。
隣り屋根との取り合い部分の下地仕舞をします。
瓦側に防水シーラーを貼り付けて、雨水がこちら側に流れないようにします。
リッジウェイのグリーンを葺上げました。
リッジウェイを全体的に葺きあげました。リッジウェイはアメリカからの輸入品で、ランダムな小割感と陰影が特徴ですね。
隣屋との瓦との取り合い部も板金加工して取り付けます。
隣り屋根との取り合い部は、板金を加工してカバーを取り付けます。
このカバー板金、その屋根の瓦によって高さや形状が変わるので、寸法を取って、現場で職人さんがその場で加工をするのです。
隣り屋根との取り合い部の板金取り付けました。
反対側の面も同じように板金で取り合い部をカバーして、棟瓦の部分は漆喰で固めてしまいます。
棟の瓦との取り合い分を板金で加工して蓋を作ります。
その棟の漆喰で固めた部分にも板金を加工して蓋を取り付けて、雨対策をして完成になります。
雨仕舞的には、連棟屋根の場合、全部一緒に葺替工事を行うのがいいのですが、各家ごとに所有権が違いますので、なかなか全部一緒と言うわけにはいかないことが多いです。
しかし、それでも雨が漏らないように、きっちりと屋根の仕舞をしなければなりませんので、その辺りは経験と実績が大事になります。
連棟でお悩みの方も、当店までご相談下さい。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

寝屋川市で和型瓦からリッジウェイに葺替えて屋根を軽量化されました。

和型屋根の葺替工事前
リッジウェイでの葺上工事完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
リッジウェイ
築年数
35年
建坪
15坪
保証
10年
工事費用
80万円(足場費込)
施工事例

枚方市 青い瓦の屋根からカラーベストにリフォーム工事を行います

瓦現状
完成写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
カラーベスト
築年数
建坪
保証
5年
工事費用
施工事例

寝屋川市 築40年近い屋根をいぶし瓦で葺き替え工事を行いました

工事前(和型いぶし瓦)
和型いぶし瓦完工写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
和型瓦(いぶし瓦)
築年数
約40年
建坪
保証
5年
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

門真市で和瓦の棟の段積から7寸丸棟瓦へ葺替工事を行いました

30年経った和瓦屋根です。
7寸丸瓦で棟の葺替工事を行いました。
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
和型釉薬瓦
築年数
30年
建坪
15坪
保証
工事費用
25万円
施工事例

門真市 マンションの屋上でウレタン防水工事を行いました

屋上全景
トップコート
工事内容
防水工事
使用素材
ウレタン防水
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

門真市 破損した和瓦屋根の端3列の葺き直し工事を行いました

工事前
完成写真2
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
使用素材
釉薬瓦
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

守口市 アスファルトシングル材屋根調査

守口市の工場屋根の雨漏り調査を行いました。こちらの屋根はアスファルトシングル材で葺かれています。経年劣化や風災で砂石が剥げ、アスファルト材が露出していたり、かがれ落ちて下地のルーフィングが露出しているところがたくさんありました。雨漏り箇所の...........

大東市和瓦屋根

施工前写真です。棟部分が経年劣化や震災の影響でズレを起こしていました。そこから少しずつ雨水が侵入して雨漏りの原因になっていました。

瓦桟を打ち、瓦を屋根に揚げて行きます。

先日からご紹介させて頂いている、大阪狭山市の屋根葺替工事の様子です。前回までは、瓦の解体、そして下地野地の工事までご紹介させて頂きましたが、今回はいよいよ新しい瓦葺の様子を紹介させて頂きます。前回までのブログはこちら!既存いぶし瓦の解体の様...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060