オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

門真市 和瓦の解体工事!和瓦からシングルへと葺替します!


門真市のお客さまで、現在の和型釉薬瓦が葺かれてから35年以上経つので、そろそろダメになってきてメンテンナンスの費用もかかってくるやろし、それに築後30以上経つ、家の事も考えて、地震なども怖いので、屋根を軽くしたいとのことでした。しかし、この家にあと何年住めるのか分からないので、あまりお金もかけたくないとのことでした。
こういう要望のお客様、結構多いんです。
そんな時は、シングル系の軽量で安価なリッジウェイで葺替工事をお勧めしております!
シルバーと呼ばれる釉薬和形瓦です。
現在の瓦はこのように、30年前はよく葺かれたシルバーと呼ばれる和形陶器瓦です。特に大きなズレなどはないのですが、今回は耐震的な意味も込めての屋根の軽量化での葺き替え工事になります。
棟違い部分の板金なしです
この屋根の形状は棟違い部分があって、上の屋根と下の屋根の段差が小さいので、瓦ごとモルタルで塗り込まれているのすが、これでは雨仕舞が悪いのでここは全体的に板金で仕舞をしようと考えています。
瓦を解体して行きます
瓦を外していきます。その下には大量の土が屋根に乗っております。この土の重量だけでも、そこそこの重量がありますので、これを取り除くだけでも、かなりの軽量化になります。
野地板が剥き出しになりました。
完全に土を取り除いて、野地下地のバラ板だけにします。このバラ板野地も重なり目をカットせず、伸ばしっぱなしですね。土で葺く瓦の場合、このように野地部分に段差などがあっても、土で瓦の高さを調整するので大丈夫だったのですが、新しく葺く屋根材の場合、この野地では葺けないので、合板を貼るのですが、この段差はそのままでは施工できませんので、ここもカットして段差をなくして行きます。
下屋根はいぶし瓦です。
この家には正面に下屋根もあります。下屋根はなぜか「いぶし瓦」で葺かれています。いぶし瓦の方が和風住宅には見栄えがいいですもんね。
次はシングルですので、見栄えは、、、、望めませんが。。
下屋根も解体します。
下屋根も、瓦を解体して行きます。
下屋根は面積も小さいのですが、手間はかかるんです。
足場が屋根に乗っていたり、そもそも小さいので動き回れないので、私的には工事がやりにくくて、あまり好きではないかな下屋根は、、
って、こんなこと書いたら、お客様に怒られるかな(^^;
瓦のメクリのご紹介でした。
次回は既存のバラ板野地の上から、さらに屋根野地をコンパネ合板で作成する工事、そして屋根材の「リッジウェイ」の葺上工事、壁際の板金工事と進めていく予定です!
工事の様子は、このブログで順次ご紹介させて頂きたいと思いますので、宜しくお願いします。

葺替工事は、屋根の軽量化という意味合いもありますので、今後起こりうるかもしれない「地震対策」として、屋根の軽量化を図るのも重要かもしれませんね。

屋根の軽量化に対するご質問なども受け付けておりますので、お気軽にお問合せくださいね。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

寝屋川市で和型瓦からリッジウェイに葺替えて屋根を軽量化されました。

和型屋根の葺替工事前
リッジウェイでの葺上工事完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
リッジウェイ
築年数
35年
建坪
15坪
保証
10年
工事費用
80万円(足場費込)
施工事例

枚方市 青い瓦の屋根からカラーベストにリフォーム工事を行います

瓦現状
完成写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
カラーベスト
築年数
建坪
保証
5年
工事費用
施工事例

寝屋川市 築40年近い屋根をいぶし瓦で葺き替え工事を行いました

工事前(和型いぶし瓦)
和型いぶし瓦完工写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
和型瓦(いぶし瓦)
築年数
約40年
建坪
保証
5年
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

門真市で和瓦の棟の段積から7寸丸棟瓦へ葺替工事を行いました

30年経った和瓦屋根です。
7寸丸瓦で棟の葺替工事を行いました。
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
和型釉薬瓦
築年数
30年
建坪
15坪
保証
工事費用
25万円
施工事例

門真市 マンションの屋上でウレタン防水工事を行いました

屋上全景
トップコート
工事内容
防水工事
使用素材
ウレタン防水
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

門真市 破損した和瓦屋根の端3列の葺き直し工事を行いました

工事前
完成写真2
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
使用素材
釉薬瓦
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ROOGA雅の葺上工事完了です。

寝屋川のお客様で、和形いぶし瓦から、「ROOGA雅」への葺き替え工事を行いました。既存の和型の解体及び野地合板工事の様子は前にこのブログで紹介しておりますので、下記リンクよりご参照くださいね。寝屋川市で和瓦の解体、通称「メクリ」をして、合板...........

瓦の下には葺土と呼ばれる土がたくさんあります

寝屋川市で屋根の葺き替え工事のご依頼を頂きました。既存は和形のいぶし瓦で葺かれており、それを軽量瓦のKMEW製「ROOGA 雅」に葺き替えさせて頂います。関西から西では、瓦の下に土を敷いて、そこに瓦を押さえて並べていくという葺き方が瓦が伝来...........

屋根シートが掛かった状態です。

大阪市鶴見区の店舗付き住宅の屋根の点検をさせて頂きました。雨漏りがするということでしたので、屋根に上がってみますと、築50年以上で、瓦はその時のままで代えてはいないとのこと。正面は大きな道路に面しており、車が多く行きかい、歩道の通行者も多い...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060