オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

門真市 クボタパラマウント瓦から陶器平板瓦へ葺き替え工事をしました


門真市にお住いのお客様より、雨漏りしているので一度見に来てもらいたい。とお問い合わせがありました。

お客様のお家は築18年の2階建てで、雨風の向きにより1階洋間の壁際にシミができていました。
窓枠の木の廻りに雨水が落ちる、、とお困りでした。

他業者さんに見てもらった時は、1階なので屋根には上らず、外壁・窓廻りの補修(コーキング)で処置されましたが、結果は同じだったそうです。
その後も雨漏りは止まらず、3回ほど来られたそうですが治らないので・・・ネット検索し、街の屋根やさん 大阪門真店へご相談頂きました!
クボタパラマウント瓦
お客様に了承を得て、1階洋間と2階の部屋を確認させていただき、屋根に登りました。
この屋根材はクボタパラマウント瓦で、現在はありません・・。
屋根全体を点検後、雨漏りしています付近の屋根を点検しますと、右端の平瓦の収まりが悪かったです。原因はこの箇所です。
後日、雨漏り補修工事屋根葺き替え工事の2通りのお見積もりを作成し、ご提案させていただきました。
お客様からは、年数も年数ですので屋根葺き替え工事でご契約を頂きまして、いざ、葺き替え工事を着工いたします。
瓦解体中、雀の巣を発見
既存の瓦を解体していきますと、雀の巣を発見しました。
瓦の下に雀が巣を作っていること結構あります
屋根材の下で、息を引き取っていることも・・あります
雨漏り箇所
この箇所から雨水が、外壁・内壁の間を通り1階の洋間で雨漏りしていました。
既存の屋根下葺き材を一部メクリますとその下のコンパネ(屋根下地)が雨水を受け腐食しているのが確認できました。
ここから雨水が侵入
破風(はふ)板の状態です。この箇所からも雨水が侵入しています。
使用されています屋根瓦は山が高く谷が深いので、この箇所で収まる平瓦の割り付けが悪く、雨水が侵入したのでしょう。
ケラバ捨て板金
新しい屋根下葺き材を貼り、平板瓦を葺き上げます。
先程の雨漏り箇所、破風板の際にはケラバ捨て谷板金を施工します。
雨水は上から下に流れますが、横へも雨水が走る為、その雨水をケラバ捨て谷板金でシャットアウト
ケラバシーラーを設置
最近の雨量は怖いので念には念を入れケラバシーラーを設置します。
強力棟金具設置
念には念を、強力棟金具も設置、ビス止めしました。
葺き替え工事完成
葺き替え工事の完成です。
絵にかいたように綺麗な青空とマッチしています
完工日は青空が広がっていましたが、後日多々雨の日がありました。
雨漏りが止まりましたと、お礼のお言葉を頂戴しました。
お客様の安心したお顔を見られてホッとしました。ありがとうございました。

今回のように1階で雨漏りしていても原因は屋根に登るとわかりました。
屋根は日々の雨風、台風などの自然災害からお家を守っています。
長い間点検していない方は、一度点検してみてはいかがでしょうか。

街の屋根やさん 大阪門真店 0120-198-060
お気軽にお問い合わせください

同じ工事を行った施工事例

施工事例

寝屋川市で和型瓦からリッジウェイに葺替えて屋根を軽量化されました。

和型屋根の葺替工事前
リッジウェイでの葺上工事完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
リッジウェイ
築年数
35年
建坪
15坪
保証
10年
工事費用
80万円(足場費込)
施工事例

枚方市 青い瓦の屋根からカラーベストにリフォーム工事を行います

瓦現状
完成写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
カラーベスト
築年数
建坪
保証
5年
工事費用
施工事例

寝屋川市 築40年近い屋根をいぶし瓦で葺き替え工事を行いました

工事前(和型いぶし瓦)
和型いぶし瓦完工写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
和型瓦(いぶし瓦)
築年数
約40年
建坪
保証
5年
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

門真市で和瓦の棟の段積から7寸丸棟瓦へ葺替工事を行いました

30年経った和瓦屋根です。
7寸丸瓦で棟の葺替工事を行いました。
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
和型釉薬瓦
築年数
30年
建坪
15坪
保証
工事費用
25万円
施工事例

門真市 マンションの屋上でウレタン防水工事を行いました

屋上全景
トップコート
工事内容
防水工事
使用素材
ウレタン防水
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

門真市 破損した和瓦屋根の端3列の葺き直し工事を行いました

工事前
完成写真2
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
使用素材
釉薬瓦
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

守口市 アスファルトシングル材屋根調査

守口市の工場屋根の雨漏り調査を行いました。こちらの屋根はアスファルトシングル材で葺かれています。経年劣化や風災で砂石が剥げ、アスファルト材が露出していたり、かがれ落ちて下地のルーフィングが露出しているところがたくさんありました。雨漏り箇所の...........

大東市和瓦屋根

施工前写真です。棟部分が経年劣化や震災の影響でズレを起こしていました。そこから少しずつ雨水が侵入して雨漏りの原因になっていました。

瓦桟を打ち、瓦を屋根に揚げて行きます。

先日からご紹介させて頂いている、大阪狭山市の屋根葺替工事の様子です。前回までは、瓦の解体、そして下地野地の工事までご紹介させて頂きましたが、今回はいよいよ新しい瓦葺の様子を紹介させて頂きます。前回までのブログはこちら!既存いぶし瓦の解体の様...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060