オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

門真市で台風被害の釉薬瓦の修理を行いました。


2019-07-29-10.47.03-columns2
連絡を頂いた箇所です。
かろうじて雨漏りはしていないとのことですが、よく見ると隙間が空いています。
また場所が袖瓦なので部屋に干渉していないから気づかなかったかもしれないです。

2019-07-29-10.48.14-columns2
その他の箇所はズレや割れはありませんでした。
写真のように漆喰が剥がれ落ちていました。
7e0279cfc7a307723c6dc919c5b58dee-columns2
最初にずれていた袖瓦をすべて外していきました。
袖瓦の頂点には巴瓦と鬼瓦が乗っているので棟瓦も一部分外します。
また全体的に右下方向にずっていましたので地瓦をつき上げて直していきました。
これで下準備完了です。

e3934a7c0104837716f069fe07df3d7a-columns2
解体したところに屋根土を置いていきました。

e8e2b6213c9aaeb4c5eb9c537d06349e-columns2
職人の微妙な力加減で袖瓦を屋根土に絡むように押さえて、ステンレスの釘で固定していきます。

a2d0931f342a0a08a3c21f76d1095062-columns2
袖瓦の復旧工事が終わると巴瓦と鬼瓦を据え付けて、シルガードで棟瓦を積んでいきます。
雨水が屋根面に流れ込むように勾配をつけてのし瓦を置いていきます。
日本瓦の職人さんは長い年月つらい修行をしてこのようにできるので感心しますね。
9e0c746e3621d9a1200fd54a00b8c2a0-columns2
棟瓦は1段目がある程度固まるまで2段目以降が積めないのでその間に鬼瓦の漆喰ぬりを仕上げました。
あと面戸漆喰が剥がれているところもしました。
2231b01abc26f7315b8db00d1de6d5bf-columns2
棟瓦の残りを積み終え今後ズレが押さえれるように地瓦ラバー工事を施しました。
dd981762ece8d2dae767555616968972-columns1
完成です。
地瓦のズレを直しているときに経年劣化により瓦の表面にひび割れが何枚かありましたので新品瓦に差し替えました。
ありがとうございました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

守口市 棟板金の取り替え工事と瓦の差し替え工事を行いました

守口市 ナショナルアルデージュ
守口市 棟板金取り替え工事完成写真
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

門真市 破損した和瓦屋根の端3列の葺き直し工事を行いました

工事前
完成写真2
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
使用素材
釉薬瓦
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

寝屋川市 利根丸下の瓦を交換するには一度解体する必要があります

応急処置
平瓦完成
工事内容
屋根補修工事
使用素材
和瓦
築年数
建坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

門真市で和瓦の棟の段積から7寸丸棟瓦へ葺替工事を行いました

30年経った和瓦屋根です。
7寸丸瓦で棟の葺替工事を行いました。
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
和型釉薬瓦
築年数
30年
建坪
15坪
保証
工事費用
25万円
施工事例

門真市 マンションの屋上でウレタン防水工事を行いました

屋上全景
トップコート
工事内容
防水工事
使用素材
ウレタン防水
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

門真市 破損した和瓦屋根の端3列の葺き直し工事を行いました

工事前
完成写真2
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
使用素材
釉薬瓦
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根シートが掛かった状態です。

大阪市鶴見区の店舗付き住宅の屋根の点検をさせて頂きました。雨漏りがするということでしたので、屋根に上がってみますと、築50年以上で、瓦はその時のままで代えてはいないとのこと。正面は大きな道路に面しており、車が多く行きかい、歩道の通行者も多い...........

厚型スレート瓦です。

大阪市城東区の物件の屋根点検のご依頼をお受けしました。お客様がお貸しになっている家ということで、屋根にあがりますと、これまた今時と言っては語弊がありますが、非常に珍しい瓦でした。この瓦は厚型スレート瓦と言って、昭和初期によく葺かれた屋根材で...........

銅製の谷板金が変色しています。

四条畷市のお客様で点検した際に、屋根の谷部分で雨を流す為に取り付けられている谷板の素材が銅でされている、その銅製の谷板が長年の瓦から滴る雨水により浸食により薄くなって穴があきかけており、穴があいたら雨水の集まるところなので、雨漏りがするのは...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060