門真市 入母屋屋根、経年劣化による傷みと台風被害、葺き替えをご希望


門真市の方より築年数も経ち、台風でさらに屋根が傷んでるため葺き替えの見積りを依頼したい、とお問い合わせをいただき調査に伺いました。


屋根は入母屋の屋根でして、躯体への負荷や今後のことを考え軽量瓦に葺き替えしたいとのことでした。
格式ある屋根形状ですから、今の和の雰囲気を壊さない屋根材『ROOGA雅』でご提案をし、現在の屋根の状況を念入りに調査いたしました。


入母屋屋根の劣化状況を見ていきましょう

入母屋屋根の屋根点検

門真市 入母屋の屋根調査
屋根の劣化が進み、全体が波打って来ているのが分かります。
調査の為に屋根上を歩くだけでもかなりしなる状態でしたので十分に注意を払いながら調査が必要でした。。

いぶし瓦も経年で古く、手前に写っている谷部の銅板際の漆喰もポロポロに剥がれてしまっています。
葺き替えの時には、銅板も劣化してますので入れ替えが必要です。
門真市 いぶし瓦屋根、瓦ズレや割れ、漆喰の剥がれあり
いたるところに漆喰が落ちていたり、瓦割れを確認。
平瓦が全体ずれてしまっている状況でした。
門真市 漆喰の劣化状況
棟や鬼瓦廻りの漆喰もひび割れ、剥がれが進んでいます。
門真市 入母屋屋根の棟部、冠瓦が崩れ落ちてます
2階大屋根は棟の冠瓦が台風により崩れていました。
門真市 一部葺き替え済み、台風により瓦割れ被害
建物の裏側は一度葺き替え工事をされたそうなのですが、大屋根の棟瓦が崩れ落ちたことが原因で葺き替えた平瓦が数枚割れてしまっていました。
門真市 軒樋の欠落
お屋根の軒樋が一部台風により飛散し、欠落していました。

工事のご提案

以前葺き替えされた箇所は割れ瓦の差し替えなどの補修工事で対応をさせていただき、他はROOGAでの葺き替えでご提案いたしました。

ROOGAはセメント瓦で、いぶしより軽量の瓦で土葺きも行いませんので、屋根の軽量化が図れ、今後の災害対策につながります。また、高棟のデザインもありますので、今までの立派に積まれた棟の美観も維持が出来ます。

和の雰囲気を壊さず、軽量化したい、耐震対策をしたい。というお客様のお声をよく頂きます、屋根材はたくさんデザインがありますので、お気軽にご相談ください。

お読みいただきありがとうございました。
街の屋根やさん大阪門真店

同じ工事を行った施工事例

施工事例

寝屋川市で和型瓦からリッジウェイに葺替えて屋根を軽量化されました。

和型屋根の葺替工事前
リッジウェイでの葺上工事完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
リッジウェイ
築年数
35年
建坪
15坪
保証
10年
工事費用
80万円(足場費込)
施工事例

枚方市 青い瓦の屋根からカラーベストにリフォーム工事を行います

瓦現状
完成写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
カラーベスト
築年数
建坪
保証
5年
工事費用
施工事例

寝屋川市 築40年近い屋根をいぶし瓦で葺き替え工事を行いました

工事前(和型いぶし瓦)
和型いぶし瓦完工写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
和型瓦(いぶし瓦)
築年数
約40年
建坪
保証
5年
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

門真市で和瓦の棟の段積から7寸丸棟瓦へ葺替工事を行いました

30年経った和瓦屋根です。
7寸丸瓦で棟の葺替工事を行いました。
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
和型釉薬瓦
築年数
30年
建坪
15坪
保証
工事費用
25万円
施工事例

門真市 マンションの屋上でウレタン防水工事を行いました

屋上全景
トップコート
工事内容
防水工事
使用素材
ウレタン防水
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

門真市 破損した和瓦屋根の端3列の葺き直し工事を行いました

工事前
完成写真2
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
使用素材
釉薬瓦
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟は台風の被害で棟瓦が飛散してしまっています。

門真市で連棟の3件長屋の1軒分のみを、現在葺かれている和形いぶし瓦をめくって、既存の下地の上から垂木を取り付け、軒先の垂れた部分も補正をいれて野地を真っすぐにして、垂木の間にスタイロフォームの断熱材を敷いてその上にコンパネ12mmを貼り、仕...........

モニエル瓦センチュリオンで葺かれています。

門真市のお宅で雨漏りがするので見て欲しいということで屋根調査を行うことになりました。屋根瓦はセメント瓦のモニエル瓦センチュリオンという瓦で2山形状の瓦で、雨漏りのしにくい瓦で、屋根形状も切妻屋根でシンプルなため、雨漏りのしにくい形状なので、...........

軒先の銅板の一文字葺が劣化して穴があいています。

寝屋川市のお宅で、和型瓦などの一文字軒瓦の先の部分に葺かれている銅製の銅板一文字葺は数寄屋造りなどにはよく用いられ、屋根の意匠としてはシンプルで美しく、また軒への重量の負担軽減にも貢献をする屋根仕舞なんですが、銅板は昨今の酸性雨などの影響で...........