オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

四條畷市 棟の葺き替え工事、解体作業で雨漏り箇所を紹介。


オレンジの和瓦
四條畷市、棟から雨漏りが起きていた屋根です。長雨や横ぶりの雨が降らない限り部屋内に雨漏りをすることはないとのことでしたが、そのままにはできない為、お客様より工事のご依頼をいただきました。今回はこちらの棟を7寸丸瓦で棟の葺き替え工事を行います。割れてしまっている瓦も差し替え工事を行いました。屋根調査の時にも雨漏りで瓦下の土が湿っていたのを確認しましたが、解体しますと雨漏りしている箇所が良くわかります。

部屋内には雨漏りが進んでいませんでしたが、解体時に確認したよくある雨漏り原因をご紹介します。
棟の解体雨漏り跡
まず棟の解体をしていきます。丸瓦を捲ると土がありますが、土の縁が黒くなっているのが分かりますでしょうか?これは雨水が染み込んだ跡です。

職人技術にはなりますが、屋根を葺くときに土を多く盛りすぎますと、こういった風に瓦の隙間から入った雨水を土が吸い込んでしまうことがあります。
雨漏りが起きていた部屋の上部、棟部分
もう一箇所、この棟の下がちょうど雨漏りが起きた部屋です。

工事を行った日、その前日も晴れだったのですが、写真のようにしっかりと土が湿っていました。
経年劣化により、のし瓦の勾配も無くなってきていたので、中に水が入り込んでいったのでしょう。
厚い漆喰
解体して断面をみるとよくわかりますが、漆喰が分厚く塗られています。1段目の下の土も面戸漆喰も2段目に置く熨斗瓦より内側、ちょうど青い線あたりまでに漆喰・土が収まってないといけません。こちらははみ出してしまっているのが写真で確認でします。

瓦と瓦の間から雨が入り込んだ時に漆喰の外側を流れていくのですが、この写真のように面戸漆喰が2段目の瓦より厚く塗られていると内にも雨水が流れてしまいます。
漆喰の断面
漆喰の内側を見ると、水が入り込んでしまった箇所と入っていない箇所では張り付いた土の色が違うことがよく分かります。

瓦ぶき職人に直接聞くとやはり勉強になります。。

釘の膨張による割れ
雨漏りに繋がるトラブルの1つ、瓦割れ。
こちらの屋根は袖瓦ばかりが縦に割れていました。

何故縦に割れているかというと、袖瓦は釘で固定されているのですが、昔に使われていた鉄釘(亜鉛メッキの釘)が錆て膨張し釘穴からパックリ割れてしまうのです。
雨水が通った後
瓦の下の土を見ると割れの部分にそって筋が入っています。
これは雨が入り込んだ跡です。
釘の腐食
腐食してしまって折れて無くなってしまった釘もありました。

こういったものは新しいステンレス釘で打ち直したり、割れた瓦は差し替えていきます。
釘の違い
今使われている釘はステンレス製の釘で錆に強く、スクリングがついているので抜けづらく、強風にも耐える強度があります。
以上が今回の雨漏りトラブルの原因でした。記事のまとめもぜひご参考ください。
7寸丸へ棟葺き替え工事の内容はまた明日ご紹介します。

ありがとうございました。

和瓦の屋根のメンテナンスはかわらぶき技能士が在籍している街の屋根やさん大阪門真店にお任せください。
街の屋根やさん大阪門真店 0120-198-060

同じ工事を行った施工事例

施工事例

守口市 棟板金の取り替え工事と瓦の差し替え工事を行いました

守口市 ナショナルアルデージュ
守口市 棟板金取り替え工事完成写真
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

門真市 破損した和瓦屋根の端3列の葺き直し工事を行いました

工事前
完成写真2
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
使用素材
釉薬瓦
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

寝屋川市 利根丸下の瓦を交換するには一度解体する必要があります

応急処置
平瓦完成
工事内容
屋根補修工事
使用素材
和瓦
築年数
建坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

四條畷市 MFシルキーの黒色で屋根カバー工事を行いました

工事前
カバー工法完成
工事内容
屋根カバー工事
足場
使用素材
福泉工業㈱ MFシルキー
築年数
25年
建坪
20坪
保証
5年
工事費用
約73万円(足場込み)
施工事例

四條畷市 棟瓦が崩れていたので丸瓦で棟の取り替え工事を行いました

熨斗瓦が崩れてしまっています。
7寸丸棟瓦を並べて完成
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
7寸丸瓦(釉薬瓦)
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

四條畷市 3階建ての一軒家で外壁塗装工事を行いました

塗装前
外壁塗装工事完了
工事内容
外壁塗装
足場
使用素材
築年数
25年
建坪
20坪
保証
工事費用
約70万円(足場込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

枚方市屋根現調

現場調査時の写真ですが、所々ひび割れが起きていました。屋根材の表面も劣化が起きていて、ザラザラしています。

枚方市谷雨漏り

玄関上にある銅板で出来ている屋根と瓦の屋根との境目にある谷部分付近で雨漏りがしているとの事で谷部の補修とその付近の瓦を積みなおしていく工事です。

枚方市屋根調査

以前調査を行ってから日にちが経ってからの補修でしたのでもう一度現場調査を行ってからの補修になりました。時間が経つにつれて屋根の傷み方も変わっていきます。大幅に変わってしまうと料金も変わってしまいますのでお見積りには期限があります。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060