オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

枚方市で雨漏りしているいぶし瓦の隅棟の積み直し工事をしました。


瓦現状
工事着工前の現状です。
写真奥の方で雨漏りが発生しています。
年数的にも劣化が始まりつつあります。
棟めくり
後日工事を着工させていただきました。
一番上に乗っていた雁ぶり瓦を外したところです。
屋根土が雨水により流れ落ちていました。

雨漏り
この箇所だけではないですけど至る所で下の方まで棟の土が湿っていました。
この為に雨漏りになったと考えられます。

棟下瓦
棟ののし瓦をすべて外した状況です。
棟下の瓦がある程度きっちり施工していますと、部屋の中に侵入する雨水も減りますが、写真下のように隙間が大きければ大きいほど侵入するリスクも増えます。

棟下調整
先程の隙間の大きい箇所を調整していきました。

瓦割れ
このように割れている瓦もありましたので、丁寧に一枚ずつ確認しながらこの先雨漏りが起きないように入れ替えていきます。


なんばん盛り
写真はなんばんという材料を置いていっている状況です。
以前の屋根土とは違い年数が経ってもへたりにくい材料です。
そして白い色をしていますので、この表面上に漆喰を塗りこむ必要もないです。

のし瓦積み
のし瓦を積んでいきました。
上から流れてくる水が最終的に一番下のこの箇所に流れますので、勾配をつけていきながら葺いていきます。

棟積み2
同じ様に次の瓦も積んでいきました。

古瓦
今回は既存の瓦を使っての葺き直しでした。
写真ののし瓦は古いのし瓦でして、ほとんどがこのように湾曲していました。

新瓦
使えない瓦は処分しましたので、不足分は新しい瓦を使いました。
先程の瓦と違い現在の瓦はまっすぐな瓦です。

このように、棟を積み直すことにより雨漏りの原因を解消できるのです。
なんでも葺替工事しければならないわけじゃないので、雨漏りがしましたら、

まず「街の屋根やさん 大阪門真店」にご相談下さい。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

門真市で和瓦の棟の段積から7寸丸棟瓦へ葺替工事を行いました

30年経った和瓦屋根です。
7寸丸瓦で棟の葺替工事を行いました。
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
和型釉薬瓦
築年数
30年
建坪
15坪
保証
工事費用
25万円
施工事例

四條畷市 棟瓦が崩れていたので丸瓦で棟の取り替え工事を行いました

熨斗瓦が崩れてしまっています。
7寸丸棟瓦を並べて完成
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
7寸丸瓦(釉薬瓦)
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

枚方市 雨漏りしている屋根の棟瓦取り替え工事を行いました

現状写真
完成写真
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
7寸丸瓦
築年数
建坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

枚方市 青い瓦の屋根からカラーベストにリフォーム工事を行います

瓦現状
完成写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
カラーベスト
築年数
建坪
保証
5年
工事費用
施工事例

枚方市 雨漏りしている屋根の棟瓦取り替え工事を行いました

現状写真
完成写真
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
7寸丸瓦
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

枚方市 カレッセで塗膜の剥がれたスレート屋根をカバー工事しました

枚方市 工事前
完成写真1
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
カレッセ
築年数
建坪
保証
5年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

枚方市谷雨漏り

玄関上にある銅板で出来ている屋根と瓦の屋根との境目にある谷部分付近で雨漏りがしているとの事で谷部の補修とその付近の瓦を積みなおしていく工事です。

枚方市屋根調査

以前調査を行ってから日にちが経ってからの補修でしたのでもう一度現場調査を行ってからの補修になりました。時間が経つにつれて屋根の傷み方も変わっていきます。大幅に変わってしまうと料金も変わってしまいますのでお見積りには期限があります。

2020-06-27-10.42.39

郊外や、市内などに良く見られる、昭和50年台に建てれた築40年ぐらいのの釉薬和形瓦屋根の家。見た目には大きな問題はなく、普段の雨では雨漏りもしないのですが、梅雨時や秋の長雨の時、風が強い横殴りの雨の時などには雨漏りを起こすという事例はよく見...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060