門真市 いぶし瓦で葺かれたの屋根の雨漏り無料調査を行いましたT様邸


門真市にお住まいのT様より、雨漏り相談がありました。

過去に弊社で工事をしましたお客様のご紹介だったらしくこの度ご依頼下さいましたありがとうございます。

地震があったときに、他業者に屋根の補修工事をお願いしたが、その後の雨で雨漏りがひどくなりその業者に相談してもこれ以上は手がつけられない。と言われたそうで・・・この度ご依頼がありました。

どこから雨漏りしているのでしょうか?調査を行っていきます。

無料雨漏り調査の様子

室内雨漏り状況

門真市 白い雨しみ跡
門真市 押入れの中の雨しみ跡
まずはT様に了承を得て、室内の雨漏り位置を確認させていただきました。

雨しみが2箇所ありました。一箇所はしみが白く残っていて、もう一箇所は押入れの中に雨しみがありました。

大体の雨漏り位置を確認してから、屋根にあがり原因を究明していきます!

いつ頃から雨が漏っているのか、雨漏りしているときの外の状況なども事前に確認していただき、調査時に教えていただけると原因究明に繋がります
雨漏りでお困りの方は焦らずに!こちらのコラムをご参考にして下さい。

屋根の調査の様子

門真市 いぶし瓦屋根
屋根に梯子を掛け、屋根に上ります。
T様邸は屋根の大部分をいぶし瓦で葺かれていて、一部が瓦棒(かわらぼう)で葺かれている屋根でした。

パット見た感じでは、瓦の割れやずれている瓦も特にありませんでした。雨漏りしていた部分の上を細かくチェックしていきます。
門真市 雨漏りの根源と考えられる
白い雨しみ跡がついていた上部屋根です。
しっかり板金で覆われており瓦と板金の間も漆喰(しっくい)で綺麗に施工されています。
しかし漆喰に防水効果は無いので豪雨などが降った際に雨水が家屋に浸入したと考えられます。
漆喰の成分である石灰が白い雨しみの正体だと考えられます。

工事方法として、漆喰は使用せず、大きめの板金を上から重ねるように被せ雨仕舞いの処置していきたいと思います。
門真市 一部瓦棒葺き
こちらは押入れに雨漏りしていた上部屋根です。
一部瓦棒で葺かれており、板金なども異常はなかったのですが。パラペット(写真右側の立ち上がったいる部分)がありますので通常の屋根と比べますと雨の排水がしにくくはなっています。
近頃の豪雨などの際に雨水がスムーズに排水されず板金と板金の接合部から入り込み雨漏りにつながったと考えられます。

排水部の箱樋にシーリング工事をすることで、止まるかと思いますのでご提案させていただきます。

雨漏り調査後

お客様には口頭でどのような状況なのかざっくりご説明させて頂き、後日お見積り書とお写真などの資料をお持ちし、ご説明にお伺いする予定です。

屋根点検の際にお客様より、最初の電話対応の印象が良くて安心できましたと嬉しいお言葉を頂きました。

お客様の不安を少しでも和らげれる電話応対を心がけております。

また、現場調査時も女性フタッフが同行いたしますので安心していただけるかと思います。

気になることや不安なことがあればお気軽にご相談下さい

屋根トラブルにお困りの方は、点検・見積もり完全無料の街の屋根やさん大阪門真店へお任せ下さい!!!

おすすめコラム

同じ地域の施工事例

施工事例

門真市で和瓦の棟の段積から7寸丸棟瓦へ葺替工事を行いました

30年経った和瓦屋根です。
7寸丸瓦で棟の葺替工事を行いました。
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
和型釉薬瓦
築年数
30年
建坪
15坪
保証
工事費用
25万円
施工事例

門真市 マンションの屋上でウレタン防水工事を行いました

屋上全景
トップコート
工事内容
防水工事
使用素材
ウレタン防水
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

門真市 破損した和瓦屋根の端3列の葺き直し工事を行いました

工事前
完成写真2
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
使用素材
釉薬瓦
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

降棟のノシ瓦と冠瓦が飛散しております。

枚方市で大きな入母屋屋根の屋根調査を行いました。1年前の大阪北部地震での被害の箇所と、台風21号での被害の箇所とバブルで被害が出ているようです。これまで、知り合いの瓦職人さんに頼んでいたそうですが、この災害復旧で倒れてしまったらしく、知り合...........

S型瓦棟瓦飛散

台風21号が猛威を振るって、もう9か月ですが、まだ被害を受けた屋根の調査の依頼がございます。今回は枚方市物件で、台風21号で棟瓦が飛散、崩壊したS型瓦の屋根の屋根調査を行いました。かなり棟部は傷んでいるのですが平部の被害は無いようです。しか...........

角瓦がズレている。

守口市の物件で、家の妻側のケラバ部の瓦がズレてきているので修理して欲しいとのご依頼を受けました。このケラバ部の瓦のズレは台風や地震でよるものではなく、経年によるもので、全体的に下がって角瓦が押されてしまっていますので、ケラバ瓦を一旦外して、...........