オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大阪市鶴見区の会社社屋の折板屋根の雨漏りを応急修理しました。


大阪市鶴見区の会社の事務所に雨漏りがしてくるとのことで、点検及び応急修理して欲しいのとのご依頼を受けましたので、屋根に上がって点検しまして、折板屋根部分は特に問題はないのですが、パラペット壁部分の板金の繫ぎ目あたりが、塗装バリとひび割れなどがあり、そこから入った雨水が抜けにくくなってしまって、オーバーフローして漏水しているようなので、応急修理ということで、コーキングで補修させて頂きました。
屋根まで高さがあるのでハシゴが届きません。
倉庫兼事務所なので、屋根までの高さがあるので、一旦庇(ひさし) 部分までハシゴをかけて、そこから脚立を立てて屋根まで上がります。
倉庫の折板屋根全景です。
折板屋根です。ガルバリウム鋼板の0.5mm厚のものを縦に折り曲げ加工した屋根材で、おもに非住宅の建物、倉庫や店舗などに良く使用されます。
パラペット壁に塗装割れ
折板は水下から水上まで、一枚の板を使用するのですがパラペットなどの壁面に面する部分は、2m程度の長さのモノを繋いで施工します。
この繋いだとこにコーキング処理などをしているのですが、この上に再塗装した場合、塗装が劣化して割れ、その隙間から入った雨水が抜けなくなり雨漏りを起こす場合があります。ここも雨漏りの位置的な観点からこの部分から漏っている可能性があります。
パラペット板金の繫ぎ目から雨漏り
この屋根では、3か所ほど繋いでおりまして、その部分はすべて雨漏りを起こしている可能性がありますので、応急処置をしておくことにしました。
応急処理でコーキングを施します。
雨が漏ると業務に差支えがでるとのことで、あくまでも応急処理としてコーキングを塗って補修を行いました。
念のためコーナー部分もコーキング
念のためコーナー部分にもコーキングを施しました。
折板屋根の平部は漏る事が少ないのですが、それに付随するパラペットや屋根換気口などからは雨漏りがする場合があります。原因は瓦屋根みたいに複雑なことはないですが、完全に雨漏りを無くそうと思えば、この部分の板金のやり替えなどが必要になります。
雨漏りにお困りの方はこちらのコラムもご覧ください。

街の屋根やさん 大阪門真店 0120-198-060

同じ工事を行った施工事例

施工事例

寝屋川市で和型瓦からリッジウェイに葺替えて屋根を軽量化されました。

和型屋根の葺替工事前
リッジウェイでの葺上工事完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
リッジウェイ
築年数
35年
建坪
15坪
保証
10年
工事費用
80万円(足場費込)
施工事例

門真市で和瓦の棟の段積から7寸丸棟瓦へ葺替工事を行いました

30年経った和瓦屋根です。
7寸丸瓦で棟の葺替工事を行いました。
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
和型釉薬瓦
築年数
30年
建坪
15坪
保証
工事費用
25万円
施工事例

八尾市 うねっている棟瓦を丸伏せ工法で積み替え工事を行いました

八尾市 棟がうねってきています
八尾市 丸伏せ工法完成
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
釉薬瓦(7寸丸瓦)
築年数
建坪
保証
工事費用
約45万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

枚方市谷雨漏り

玄関上にある銅板で出来ている屋根と瓦の屋根との境目にある谷部分付近で雨漏りがしているとの事で谷部の補修とその付近の瓦を積みなおしていく工事です。

枚方市屋根調査

以前調査を行ってから日にちが経ってからの補修でしたのでもう一度現場調査を行ってからの補修になりました。時間が経つにつれて屋根の傷み方も変わっていきます。大幅に変わってしまうと料金も変わってしまいますのでお見積りには期限があります。

2020-06-27-10.42.39

郊外や、市内などに良く見られる、昭和50年台に建てれた築40年ぐらいのの釉薬和形瓦屋根の家。見た目には大きな問題はなく、普段の雨では雨漏りもしないのですが、梅雨時や秋の長雨の時、風が強い横殴りの雨の時などには雨漏りを起こすという事例はよく見...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060