守口市でいぶし瓦の入母屋屋根の屋根調査を行いました。


今年も多くの台風が来襲して、台風15号や19号で関東、東北で甚大な被害がでておりますが、大阪はまだ昨年の大阪北部地震、台風21号での被害を受けたお宅の屋根の補修工事がまだまだ残っている状態です。
とくに、この物件のように日本の伝統的ないぶし瓦が葺かれている入母屋屋根は、棟段数も高く、降り棟、掛瓦など、普通の屋根には使用しない瓦や部位なども多く、日本瓦を葺ける職方でも、かなり技術を持った職方しか施工ができませんので、職方の絶対数が少ない為、進まないのが現状です。
ちょっとしたリフォーム業者では、施工できる瓦屋さんを抱えてない場合も多く、受け付けてくれないことも多いことも、入母屋などの工事が進まないのも現状です。
それに、補修費用が高価になるので、築年数を考えて補修をしないと決めている方も多くいるようです。

今回は守口市の旧家が集まる地区の、入母屋屋根のお宅の屋根調査及び御見積をさせて頂きました。
このお宅も、昨年の大阪北部地震で棟が崩れ、その後の台風21号で瓦が飛散してしまったそうです。
あれから、1年以上ブルーシート状態だったのですから、ご不安だったと思います。
お待たせして申し訳ありませんでした。
本棟部分のはブルーシートで養生がされており、刀根丸部分の割れもみられます。
2階の切妻部分の棟が崩れているようで、ブルーシートで養生してあります。ケラバ側の刀根丸に一部カケもあるようです。
棟も崩れているので、ブルーシートで養生がされてあります。
2階本棟のブルーシートを使用した養生状態です。木で押さえて砂を入れた土嚢で押さえるオーソドックスな方法です。1年以上ですから、土嚢袋も何回も交換されたことと思います。
隅棟は崩れてたので、養生の際にすべて撤去しております。
入母屋部分の隅棟は完全に瓦を撤去して、ブルーシートを切って養生してあります。地震で崩れてしまって、このままで崩れて落ちてしまうので、完全に撤去してしまったということです。
入母屋の破風下の漆喰も割れて剥がれています。
入母屋の破風下のノシ瓦上の漆喰が剥がれていますね。これも地震でなったようです。
塀の瓦が上から落ちてきた瓦によって破損してしまっています
塀の上部の瓦が割れていますね。ここもブルーシート養生してあります。棟の修理ならまだ簡単なのですが、この塀に葺かれている平部の「目板瓦」という平たい瓦があるのですが、これを補修するのは一枚一枚、削って擦り合わせをしなければならないので、手間と技術がいる仕事になります。
これは、台風で上から瓦が落ちてきた被害だそうです。
壁際の漆喰も部分的に崩れてしまっています。
1階壁際のノシ瓦と、その上の漆喰が剥がれてしまってますね。
これも、地震での被害のようです。
平部の瓦も割れてしまっており、コーキングで借補修されています。
1階の平部の桟瓦も割れていますね。上から物が落ちてきて割れたと思われます。コーキングで応急補修がされております。
ハチ谷上の降り棟下の瓦も割れています。
ここは下屋根部分の谷部分の瓦と、降り棟の下の瓦が割れてしまっており防水テープなどで応急処置がなされております。
谷部分の割れ瓦交換はたやすいのですが、降り棟下の桟瓦の割れ交換は大変ですね。
上に乗ってる、降り棟を部分的に一旦、解体しなければならないので、たった1枚の割れ交換ですが、労力のいる作業になります。
入母屋屋根の補修工事は、何かと手間と技術を要しますので、バタバタと進めにくいのが現状です。
それでも、1軒1軒確実に補修を進めて行っておりますので、少しお時間を頂きますがお気軽にお問合せ下さい。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

守口市 棟板金の取り替え工事と瓦の差し替え工事を行いました

守口市 ナショナルアルデージュ
守口市 棟板金取り替え工事完成写真
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

門真市 破損した和瓦屋根の端3列の葺き直し工事を行いました

工事前
完成写真2
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
使用素材
釉薬瓦
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

寝屋川市 利根丸下の瓦を交換するには一度解体する必要があります

応急処置
平瓦完成
工事内容
屋根補修工事
使用素材
和瓦
築年数
建坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

守口市 屋根の天辺、棟包み板金の取り替え工事を行いました

守口市 ナショナルアルデージュ
守口市 棟板金取り替え工事完成写真
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
約31万円(足場費用省く)
施工事例

守口市 棟板金の取り替え工事と瓦の差し替え工事を行いました

守口市 ナショナルアルデージュ
守口市 棟板金取り替え工事完成写真
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

守口市 凹んだ庇の板金を取り替える工事をご紹介致します

板金庇に凹みができてしまっています
板金庇施工完了全景
工事内容
その他の工事
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

門真市棟漆喰

雨漏りの一つ目の原因として、大屋根の棟漆喰全体がこのように外側にでているのがわかると思います。本来は、棟の内側にくるのが理想なのですが、これでは、雨水が伝いやすく内側に入りやすいので、雨漏りの原因につながります。ここまで厚く塗っているとゆう...........

棟のノシ瓦が欠損しており、棟自体も崩れかけております。

一昨年の台風21号から、はや1年半近く経ちまいした。道路を通ってみてもブルーシートの掛ったままの家などはほとんど見かけることがなくなり、台風被害の復旧工事も一段落をついたように思われます。しかし、実際は未だに被害を受けて補修工事が終わってい...........

大東市屋根全体

お客様から、瓦が数枚割れているとの事で調査依頼がありました。大屋根の全体部分ですが、台風にもしっかりと耐えて比較的にキレイなままでした。破損していた箇所は、袖瓦部分、棟瓦部分です。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060