オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

門真市で屋根瓦・壁が落ちかけていますと、連絡頂き現場へ訪問させて頂きました。 


門真市にお住まいの方より、上の屋根瓦が下がってきて、壁も下がって来ていますと連絡を頂きまして現場調査に寄せて頂きました。
屋根・壁おちかけ
現場到着後、お客様に挨拶する前に、お客様宅の屋根を見上げてみますと、なに~これ~と

お客様に挨拶後、ここまで放置していました状況を聞かせて頂きますと、まず、部屋の中には雨漏りはしていませんでしたので屋根には全く無関心だったそうです。
最近、ふっと屋根を見ますと、この状態に驚き、ネットで検索され、街の屋根屋さんに連絡させて頂きました。と。

その後、原因究明に屋根に登らせて頂きました。
屋根瓦の状態
屋根に登りまして、この状態を見たときはまた、なに~これ~と
お客様宅は、鉄筋、鉄線で屋根瓦を緊結されていましたので、屋根瓦の落下を防ぐことができたと思います。
原因は雨漏り。
お客様曰く、雨漏りはしていませんとお聞きしていましたが、部屋の中には、雨水は侵入していませんが、部屋内を通過し、桁の箇所で雨漏り発生、垂木が腐食し垂木が折れこの状態になったとおもいます。
この折れた箇所、屋根瓦に足をかけると、大変危険ですので、この箇所はここまで。
棟瓦の状態
雨漏りの原因究明の作業にはいります。
瓦の割れはありません、多少瓦のズレが見られますが、この状態ですと大丈夫ですし、瓦の変色も目につきますが問題ありません。
雨漏りの原因は、屋根瓦で一番大事な箇所であります棟(むね)瓦部です。
年数が経過されていますので、棟瓦の勾配が無くなってきています、棟瓦が逆勾配になって来ています。
雨漏りの原因は、棟瓦の陥没、まちがいありません。

お客様からは予算面でも相談を頂いており、最小限の補修工事(軒先陥没補修工事・棟瓦葺き直し工事)をご提案させて頂きました。
軒先瓦落下部
下から見ました軒先瓦、落下しかけの箇所です。
この状態を見ましても、金網が無かったら、絶対に瓦が落下しています。しかし、金網設置も良し・悪しだと思います。

屋根調査後、お客様に屋根の現状報告をさせて頂き、後日、資料、お見積りも持ってご説明に寄せて頂きます。
屋根瓦は私たちの生活を安全・安心に守ってくれています。いちど屋根瓦を見直してはいかがでしょうか?
ありがとうございました。

工事の様子はこちら

雨漏りにお困りの方はこちらのコラムもご覧ください。

街の屋根やさん 大阪門真店 0120-198-060

同じ工事を行った施工事例

施工事例

寝屋川市で和型瓦からリッジウェイに葺替えて屋根を軽量化されました。

和型屋根の葺替工事前
リッジウェイでの葺上工事完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
リッジウェイ
築年数
35年
建坪
15坪
保証
10年
工事費用
80万円(足場費込)
施工事例

門真市で和瓦の棟の段積から7寸丸棟瓦へ葺替工事を行いました

30年経った和瓦屋根です。
7寸丸瓦で棟の葺替工事を行いました。
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
和型釉薬瓦
築年数
30年
建坪
15坪
保証
工事費用
25万円
施工事例

八尾市 うねっている棟瓦を丸伏せ工法で積み替え工事を行いました

八尾市 棟がうねってきています
八尾市 丸伏せ工法完成
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
釉薬瓦(7寸丸瓦)
築年数
建坪
保証
工事費用
約45万円

同じ地域の施工事例

施工事例

門真市で和瓦の棟の段積から7寸丸棟瓦へ葺替工事を行いました

30年経った和瓦屋根です。
7寸丸瓦で棟の葺替工事を行いました。
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
和型釉薬瓦
築年数
30年
建坪
15坪
保証
工事費用
25万円
施工事例

門真市 マンションの屋上でウレタン防水工事を行いました

屋上全景
トップコート
工事内容
防水工事
使用素材
ウレタン防水
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

門真市 破損した和瓦屋根の端3列の葺き直し工事を行いました

工事前
完成写真2
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
使用素材
釉薬瓦
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

枚方市谷雨漏り

玄関上にある銅板で出来ている屋根と瓦の屋根との境目にある谷部分付近で雨漏りがしているとの事で谷部の補修とその付近の瓦を積みなおしていく工事です。

枚方市屋根調査

以前調査を行ってから日にちが経ってからの補修でしたのでもう一度現場調査を行ってからの補修になりました。時間が経つにつれて屋根の傷み方も変わっていきます。大幅に変わってしまうと料金も変わってしまいますのでお見積りには期限があります。

2020-06-27-10.42.39

郊外や、市内などに良く見られる、昭和50年台に建てれた築40年ぐらいのの釉薬和形瓦屋根の家。見た目には大きな問題はなく、普段の雨では雨漏りもしないのですが、梅雨時や秋の長雨の時、風が強い横殴りの雨の時などには雨漏りを起こすという事例はよく見...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060