オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

門真市で、和型瓦からカラーベストへの葺替工事を行いました。


工事のきっかけ

築30年以上経つ家で、2階の部屋に雨漏りがするとのことで調査した結果、瓦の棟の部分のノシ瓦の段積部分のノシ瓦が経年により、中の葺土が劣化し、痩せてくることで勾配緩くなり雨を受ける形になってしまい、雨漏りを起こしていたようです。年数的なこともあるし、耐震の事を考えると軽量な屋根材に変更をしたいということで、カラーベストシリーズの「コロニアル・クアッド」での葺替工事をご依頼いただきました。

門真市 屋根葺き替え

ビフォーアフター

before
瓦をめくります。
horizontal
after
IMG_1407-after

工事基本情報

施工内容
屋根葺き替え
施工期間
2日
使用材料
コロニアル・クアッド
施工内容その他
築年数
30年以上
保証年数
10年間
工事費用
約55万
建坪
15坪
ハウスメーカー
30年前ほどに葺かれた、釉薬(ゆうやく)の和型瓦も雨漏りがするということで、調査しますと棟(むね)の部分のノシ瓦の勾配が中の葺土の劣化で緩くなって、雨水が棟内に侵入しやすくなり、棟から雨漏りを起こしてたので、棟瓦の葺替工事と屋根全体の葺替工事のご提案をさせて頂きましたところ、屋根の軽量化も図りたいということで安価で軽量なKMEW製のカラーベストシリーズ「コロニアル・クアッド」に葺替工事のご依頼を頂きました。
屋根は軽量化をはかると、耐震数値もあがりますので最も有効的な耐震対策のひとつです。
瓦をめくります。
まず、瓦を解体していきます。瓦の下には大量の土が敷かれており、これを取り除くが大変なんです。
和瓦の下には大量の土が敷かれているのです。
瓦をひっくり返して並べまして土が転がって落ちないように、堰き止めるようにします。これも長年の経験からくる知恵なんですね。これをしないと、バラバラと土の塊が落ちてしまうのです。
野地のバラ板を補修
瓦をメクって、下葺材を取ると野地板が露出します。この当時の建物の野地は不揃いの薄い板を張りあわせた、バラ板と言われるものが打たれております。このバラ板の野地も傷んでおりましたので、部分的に打ち替えます。
コンパネを張り、ゴムアスルーフィングをはります。
バラ板野地の上からコンパネ野地を張りつけます。そして、下葺材のゴムアスルーフィングをはって行きます。
コロニアル・クアッドを釘で留め付けていきます。
コロニアル・クアッドを釘で留め付けていきます。この屋根材は半分づつズラしながら重ねて、一枚に4本の釘で留め付けていきます。
カラーベスト葺上工事完了しました。
コロニアル・クアッドを葺上げて、棟包板金を取り付けますと完成です!
スッキリとした屋根に仕上がりました。

【工事完了後】

IMG_1407-simple
コロニアル・クアッドで葺上ました。シンプルデザインで、色も黒のソリッドカラーでモダン感があります。
ケラバ側もシンプルです。
妻側の仕舞も通し板金でスッキリと仕上がりました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

寝屋川市で和型瓦からリッジウェイに葺替えて屋根を軽量化されました。

和型屋根の葺替工事前
リッジウェイでの葺上工事完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
リッジウェイ
築年数
35年
建坪
15坪
保証
10年
工事費用
80万円(足場費込)
施工事例

枚方市 青い瓦の屋根からカラーベストにリフォーム工事を行います

瓦現状
完成写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
カラーベスト
築年数
建坪
保証
5年
工事費用
施工事例

寝屋川市 築40年近い屋根をいぶし瓦で葺き替え工事を行いました

工事前(和型いぶし瓦)
和型いぶし瓦完工写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
和型瓦(いぶし瓦)
築年数
約40年
建坪
保証
5年
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

門真市で和瓦の棟の段積から7寸丸棟瓦へ葺替工事を行いました

30年経った和瓦屋根です。
7寸丸瓦で棟の葺替工事を行いました。
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
和型釉薬瓦
築年数
30年
建坪
15坪
保証
工事費用
25万円
施工事例

門真市 マンションの屋上でウレタン防水工事を行いました

屋上全景
トップコート
工事内容
防水工事
使用素材
ウレタン防水
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

門真市 破損した和瓦屋根の端3列の葺き直し工事を行いました

工事前
完成写真2
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
使用素材
釉薬瓦
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

守口市 アスファルトシングル材屋根調査

守口市の工場屋根の雨漏り調査を行いました。こちらの屋根はアスファルトシングル材で葺かれています。経年劣化や風災で砂石が剥げ、アスファルト材が露出していたり、かがれ落ちて下地のルーフィングが露出しているところがたくさんありました。雨漏り箇所の...........

大東市和瓦屋根

施工前写真です。棟部分が経年劣化や震災の影響でズレを起こしていました。そこから少しずつ雨水が侵入して雨漏りの原因になっていました。

瓦桟を打ち、瓦を屋根に揚げて行きます。

先日からご紹介させて頂いている、大阪狭山市の屋根葺替工事の様子です。前回までは、瓦の解体、そして下地野地の工事までご紹介させて頂きましたが、今回はいよいよ新しい瓦葺の様子を紹介させて頂きます。前回までのブログはこちら!既存いぶし瓦の解体の様...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060