オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

葺き替え工事 断熱材も使用し金属屋根『カレッセS遮熱プラス』へ


工事のきっかけ

屋根の軽量化と今後のメンテナンスのしやすい屋根材に葺き替えしたい。とのご相談を受けまして、カレッセS遮熱プラスをご提案させていただきました。

門真市 屋根葺き替え

ビフォーアフター

before
施工前和瓦
horizontal
after
カレッセS遮熱プラス 葺き替え工事

工事基本情報

施工内容
屋根葺き替え
施工期間
約一週間
使用材料
カレッセS遮熱プラス
施工内容その他
築年数
約35年程
保証年数
5年
工事費用
約110万(断熱材費含/足場代無)
建坪
約25坪
ハウスメーカー
淡路産の釉薬瓦から、ガルバリウム鋼板製の屋根材、カレッセS遮熱プラスを使用して葺き替え工事を行います。
カレッセS遮熱プラスは和瓦の10分の1の重量でかなり軽量です。軽量かつ、風にも強く防災対策も万全です!

この葺き替えにプラス、今回は断熱材も使用していきます。
和瓦解体作業
瓦土解体撤去
この瓦は淡路産の釉薬瓦です。瓦と土を順番に解体していきます。


解体作業
ルーフィングを剥がしていきます。
解体終了
屋根解体工事完了です。
垂木を打ち込み
コンパネで新たに野地板を補強するために、野地板に垂木(たるき)をビスで止めていきます。
断熱材使用
垂木の間に、断熱材のカネライトフォームを敷きこんでいきます。
嵩上げ工事
上にコンパネで新たな野地を仕上げていきます。
ルーフィング
防水紙のゴムアスルーフィングを敷き、タッカーで固定したら下地工事完了です。
カレッセS遮熱プラス葺き上げ工事
本体の金属屋根材『カレッセS遮熱プラス』を葺いていきます。1枚に対して4か所ビス止めを行います。
カレッセは上下がしっかりかみ合うように作られており、強風にも強いです。
カレッセS遮熱プラス ケラバ役物
本体部分が葺き上がりましたら、屋根端にあたりますケラバ部分を仕上げていきます。

ほかの金属屋根材のケラバ板金は一枚板でシンプルな仕上げですが、カレッセは特徴がありまして、一見瓦葺のような1枚1枚ケラバ板金を重ね施工していきます。重厚感があり下から屋根を見上げても美しいです。
カレッセS遮熱プラス 葺き替え工事
棟部分も仕上げましたら和瓦から、金属屋根の『カレッセS遮熱プラス』への葺き替え工事が完了です。
以前はオレンジの釉薬瓦で、1階の下屋根はスレートの屋根だったのですが、シックでまとまりのある屋根に葺き変わりました。

今まで土葺きでしたので、金属屋根にすると熱く感じる場合がありますが、今回は断熱材を使用したので暑さ対策もばっちりです。軽量化にもなり、今後のメンテナンスも安心していただける屋根となりました。

【工事完了後】

カレッセS遮熱プラス 葺き替え工事

同じ工事を行った施工事例

施工事例

寝屋川市で和型瓦からリッジウェイに葺替えて屋根を軽量化されました。

和型屋根の葺替工事前
リッジウェイでの葺上工事完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
リッジウェイ
築年数
35年
建坪
15坪
保証
10年
工事費用
80万円(足場費込)
施工事例

枚方市 青い瓦の屋根からカラーベストにリフォーム工事を行います

瓦現状
完成写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
カラーベスト
築年数
建坪
保証
5年
工事費用
施工事例

寝屋川市 築40年近い屋根をいぶし瓦で葺き替え工事を行いました

工事前(和型いぶし瓦)
和型いぶし瓦完工写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
和型瓦(いぶし瓦)
築年数
約40年
建坪
保証
5年
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

門真市で和瓦の棟の段積から7寸丸棟瓦へ葺替工事を行いました

30年経った和瓦屋根です。
7寸丸瓦で棟の葺替工事を行いました。
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
和型釉薬瓦
築年数
30年
建坪
15坪
保証
工事費用
25万円
施工事例

門真市 マンションの屋上でウレタン防水工事を行いました

屋上全景
トップコート
工事内容
防水工事
使用素材
ウレタン防水
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

門真市 破損した和瓦屋根の端3列の葺き直し工事を行いました

工事前
完成写真2
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
使用素材
釉薬瓦
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

守口市 アスファルトシングル材屋根調査

守口市の工場屋根の雨漏り調査を行いました。こちらの屋根はアスファルトシングル材で葺かれています。経年劣化や風災で砂石が剥げ、アスファルト材が露出していたり、かがれ落ちて下地のルーフィングが露出しているところがたくさんありました。雨漏り箇所の...........

大東市和瓦屋根

施工前写真です。棟部分が経年劣化や震災の影響でズレを起こしていました。そこから少しずつ雨水が侵入して雨漏りの原因になっていました。

瓦桟を打ち、瓦を屋根に揚げて行きます。

先日からご紹介させて頂いている、大阪狭山市の屋根葺替工事の様子です。前回までは、瓦の解体、そして下地野地の工事までご紹介させて頂きましたが、今回はいよいよ新しい瓦葺の様子を紹介させて頂きます。前回までのブログはこちら!既存いぶし瓦の解体の様...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060