オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

門真市の方より6月21日の豪雨で雨漏り調査依頼あり。


門真市の方より6月21日の豪雨で雨漏りがしていますと、連絡頂きまして、さっそく翌日、お客様に連絡後、雨漏り調査に寄せていただきました。

雨漏りにお困りの方はこちらのコラムもご覧ください。
部屋内確認
まず、雨漏りしています部屋の確認(お客様了承済み)しましたところ、仏間の天井が剥離しかけ、天井板がボコボコ状態でした。
毎日、御本尊様の前に座りますが、仏間の天井、普段はなかなか目に付きにくいところだと思います。
梯子設置
雨漏りの部屋内を確認させて頂きますと、雨漏りの原因究明に屋根に登り調査させて頂きます。屋根に登るために、梯子を設置させていただきます。
お客様宅、角地で、2面道路、玄関前から梯子設置と考えましたが、交通量が多く、横手の道路から梯子を設置させていただきました。

塀に貼られています、衆議議員さんすいません。少しの間宜しくお願いします。
屋根点検
屋根に登りましてこれから雨漏り調査をはじめさせていただきます。屋根の状態を見ますと、多少、瓦の変色が目につく程度で、瓦の割れ 瓦のズレもありません。棟(むね)瓦部の漆喰(しっくい)も何も問題ない状態です。
さあ~どこから雨水がはいったのか?
お客様宅の屋根瓦は和瓦、ここでまず疑いますのは、棟瓦の箇所です。
原因究明のため平瓦一部解体
最初に雨漏りしています部屋内を確認させて頂きましたので、その付近の棟瓦から下の平瓦をメクリますと、屋根土両サイドに雨水が流れたあとが確認できました。原因は棟瓦の陥没です。間違いありません。

棟瓦が陥没しはじめますと雨がふるたびに雨漏りが発生するのでは無く、雨の雨量、風向き等により雨漏りが発生してまいります。この様な状態になりますと漆喰工事では雨漏りはふせげません。

この後は、お客様に、雨漏り調査の結果を報告させていただきます。写真も添付させていただきます。約20分程度の調査で雨漏りの原因が確認できました。


また、今回仏間の天井ということでなかなか普段は目に付きにくい場所でもあります。
気になる箇所がありましたらご連絡頂けますと、点検に寄せていただきます。宜しくお願い致します。


街の屋根やさん 大阪門真店 0120-198-060

同じ地域の施工事例

施工事例

門真市で和瓦の棟の段積から7寸丸棟瓦へ葺替工事を行いました

30年経った和瓦屋根です。
7寸丸瓦で棟の葺替工事を行いました。
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
和型釉薬瓦
築年数
30年
建坪
15坪
保証
工事費用
25万円
施工事例

門真市 マンションの屋上でウレタン防水工事を行いました

屋上全景
トップコート
工事内容
防水工事
使用素材
ウレタン防水
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

門真市 破損した和瓦屋根の端3列の葺き直し工事を行いました

工事前
完成写真2
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
使用素材
釉薬瓦
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根シートが掛かった状態です。

大阪市鶴見区の店舗付き住宅の屋根の点検をさせて頂きました。雨漏りがするということでしたので、屋根に上がってみますと、築50年以上で、瓦はその時のままで代えてはいないとのこと。正面は大きな道路に面しており、車が多く行きかい、歩道の通行者も多い...........

厚型スレート瓦です。

大阪市城東区の物件の屋根点検のご依頼をお受けしました。お客様がお貸しになっている家ということで、屋根にあがりますと、これまた今時と言っては語弊がありますが、非常に珍しい瓦でした。この瓦は厚型スレート瓦と言って、昭和初期によく葺かれた屋根材で...........

銅製の谷板金が変色しています。

四条畷市のお客様で点検した際に、屋根の谷部分で雨を流す為に取り付けられている谷板の素材が銅でされている、その銅製の谷板が長年の瓦から滴る雨水により浸食により薄くなって穴があきかけており、穴があいたら雨水の集まるところなので、雨漏りがするのは...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060