枚方市でMFシルキーを使用でのカバー工事が完工しました。


MF壱段目
昨日の工事でルーフィングを貼っていましたので、今日は屋根の材料上げからスタートです。
連日の猛暑で体が悲鳴をあげる前の朝のまだ涼しい時間に上げました。
材料は箱に梱包され8枚単位ですので重たいですが、上げてしまえば1枚当たり約2.5kgなので苦痛ではありません。
それだけ屋根にも重量がかかってないと言う事になります。
カバー工事のメリットですね。
軒先の唐草と言う部材に引っ掛けて専用釘で固定していきます。
次の段以降もこれの繰り返しで仕上げていきます。

本体完成
みんな頑張って本体が葺き上がりました。
この屋根材はMFシルキーと言う部材で板金の裏に硬質ウレタンフォームが貼り着いています。
そのため一般の板金屋根より約10℃程断熱効果があります。
シーラー貼り
次に棟(むね)板金を固定するヌキ板を施工する前にシーラーと言うスポンジみたいな材料を貼ります。
材料の継ぎ目には段差がありますから、シーラーを貼って水の侵入を防ぎます。
ヌキ板固定
次にヌキ板を75㎜のビスで固定していきます。
隅棟板金
隅棟(すみむね)板金の仕上がりです。
棟板金もビスで固定しています。
これで強風が吹いても大丈夫ですね。

隅棟・・・大棟から斜め方向に下っている棟
棟換気
棟の水平部には棟換気部材を取付けました。
屋根裏の湿気はここを抜けて排出されます。

換気棟詳しくはこちらをご覧下さい。
大屋根完成
大屋根の完成写真です。
板金屋根なのでこれから先のメンテナンスも楽です。
あと材料自体に20年保証(赤さび)がついているのもいいですね。
下屋根完成
同じく下屋根の完成写真です。
見違えるほど綺麗になりました。
ありがとうございました。
1日目の施工状況はコチラをどうぞ!↓

MFシルキーでカバー工事を行いました工事例はこちらをどうぞ!

雨漏りにお困りの方はこちらのコラムもご覧ください。

雨漏りにお困りの方、長年屋根点検・メンテナンスをしていない方、お気軽にお問い合わせください

街の屋根やさん 大阪門真店 0120-198-060

同じ工事を行った施工事例

施工事例

寝屋川市で和型瓦からリッジウェイに葺替えて屋根を軽量化されました。

和型屋根の葺替工事前
リッジウェイでの葺上工事完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
リッジウェイ
築年数
35年
建坪
15坪
保証
10年
工事費用
80万円(足場費込)
施工事例

枚方市 青い瓦の屋根からカラーベストにリフォーム工事を行います

瓦現状
完成写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
カラーベスト
築年数
建坪
保証
5年
工事費用
施工事例

寝屋川市 築40年近い屋根をいぶし瓦で葺き替え工事を行いました

工事前(和型いぶし瓦)
和型いぶし瓦完工写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
和型瓦(いぶし瓦)
築年数
約40年
建坪
保証
5年
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

枚方市 青い瓦の屋根からカラーベストにリフォーム工事を行います

瓦現状
完成写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
カラーベスト
築年数
建坪
保証
5年
工事費用
施工事例

枚方市 雨漏りしている屋根の棟瓦取り替え工事を行いました

現状写真
完成写真
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
7寸丸瓦
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

枚方市 カレッセで塗膜の剥がれたスレート屋根をカバー工事しました

枚方市 工事前
完成写真1
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
カレッセ
築年数
建坪
保証
5年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟は台風の被害で棟瓦が飛散してしまっています。

門真市で連棟の3件長屋の1軒分のみを、現在葺かれている和形いぶし瓦をめくって、既存の下地の上から垂木を取り付け、軒先の垂れた部分も補正をいれて野地を真っすぐにして、垂木の間にスタイロフォームの断熱材を敷いてその上にコンパネ12mmを貼り、仕...........

モニエル瓦センチュリオンで葺かれています。

門真市のお宅で雨漏りがするので見て欲しいということで屋根調査を行うことになりました。屋根瓦はセメント瓦のモニエル瓦センチュリオンという瓦で2山形状の瓦で、雨漏りのしにくい瓦で、屋根形状も切妻屋根でシンプルなため、雨漏りのしにくい形状なので、...........

軒先の銅板の一文字葺が劣化して穴があいています。

寝屋川市のお宅で、和型瓦などの一文字軒瓦の先の部分に葺かれている銅製の銅板一文字葺は数寄屋造りなどにはよく用いられ、屋根の意匠としてはシンプルで美しく、また軒への重量の負担軽減にも貢献をする屋根仕舞なんですが、銅板は昨今の酸性雨などの影響で...........