大東市で雨漏りのため屋根調査に行きました。


瓦棒現状
まず瓦に行く前に瓦棒屋根(かわらぼうやね)がありました。
塗装がはげてきており、地肌の板金にサビがまわってきています。
板金の厚みによりサビを落とす際に板金に穴が空かなければ塗装も可能と思われます。
笠木板金
瓦棒の上の笠木板金の状況です。
板金を固定していた釘が浮いている為に下地の木が見えています。
重なり部分も空間がある為に雨水が浸入していると思います。
雨漏り個所
瓦棒外側の板金状況です。
外壁にひび割れがあり板金の裏側から雨水が浸入している為に下地の木が腐敗しています。
ただ下に陸屋根がある為に部屋内には影響が無かったです。

平瓦状況
日本瓦の写真です。
よく見ると瓦が全体的にずっていて、ひどい所では重なりがギリギリしかないです。

鬼瓦まわり状況
鬼瓦近辺です。
本来は漆喰(しっくい)で鬼周りを塗りますが、コチラはセメントを塗っていました。
セメントを塗っているので、風化してひび割れがあり、水を弾かず逆に水を吸ってしまいます。
棟瓦状況
棟(むね)の瓦状況です。
1段目の台土が劣化の為にやせてしまい、のし瓦の勾配が返っている箇所がありました。
あと2段で棟が完成していますが、後1段積みたいところですね。

屋根下地
その勾配が返っている箇所の下の瓦をめくりました。
下地がむき出しでした。ところどころ杉の皮を敷いている箇所もありました。
雨漏り現状
下葺き材が無い為に雨漏りした場合は直接部屋内に侵入する為
雨漏りを特定するのが困難でした。
しかしながら発見できました。
棟からの水が流れているのが原因でした。

屋根勾配
最後に板金との取り合い状況です。
板金がせり上がっている為下地の瓦も勾配が返っています。
強風などで雨水が逆流するおそれがあります。
このままではいけないので修理等が必要ですが、また工事状況は書き込みさせて頂きます。
雨漏りにお困りの方はこちらのコラムもご覧ください。

瓦屋根の部位説明はこちらをご参考にしてください。

街の屋根やさん大阪門真店

同じ工事を行った施工事例

施工事例

守口市 棟板金の取り替え工事と瓦の差し替え工事を行いました

守口市 ナショナルアルデージュ
守口市 棟板金取り替え工事完成写真
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

門真市 破損した和瓦屋根の端3列の葺き直し工事を行いました

工事前
完成写真2
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
使用素材
釉薬瓦
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

寝屋川市 利根丸下の瓦を交換するには一度解体する必要があります

応急処置
平瓦完成
工事内容
屋根補修工事
使用素材
和瓦
築年数
建坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

大東市 ルーフテラスの雨押え板金取り付け、コーキング打ち替え工事

既存コーキング取り外し
雨押え板金工事完工
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
JFE鋼板株式会社 極み‐MAX セピア
築年数
約13年程
建坪
保証
工事費用
約15万 (足場含む)
施工事例

大東市でいぶし瓦の谷板金入れ替え及び漆喰工事をしました。

施工前
施工後
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ステンレス製谷板板金
築年数
約25年
建坪
約50坪
保証
工事費用
約50万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

降棟のノシ瓦と冠瓦が飛散しております。

枚方市で大きな入母屋屋根の屋根調査を行いました。1年前の大阪北部地震での被害の箇所と、台風21号での被害の箇所とバブルで被害が出ているようです。これまで、知り合いの瓦職人さんに頼んでいたそうですが、この災害復旧で倒れてしまったらしく、知り合...........

角瓦がズレている。

守口市の物件で、家の妻側のケラバ部の瓦がズレてきているので修理して欲しいとのご依頼を受けました。このケラバ部の瓦のズレは台風や地震でよるものではなく、経年によるもので、全体的に下がって角瓦が押されてしまっていますので、ケラバ瓦を一旦外して、...........

棟のし瓦ズレ

守口市で昨年の台風21号で被害を受けた青緑色の釉薬和形瓦の補修工事を行いました。屋根瓦に飛散などは大きな被害ではなかったのですが、ケラバ瓦等のズレも気になるとのことで、飛散部分は近所の大工さんが簡易に補修、養生をしていたのですが、瓦屋さんに...........