門真市のモニエル瓦葺の3階建て住宅の雨漏り調査に伺いました。


3階建住宅の屋根調査は大変です。
都会などの人口密集地では、土地の単価が高いので3階建住宅が多くたてられましたが、メンテナンスの観点から考えると、なかなか大変なんです。
雨漏りの調査ということで屋根に上がらないといけないんですが、高さありすぎてハシゴが届かなかったり、ベランダに雨避けの塩ビ製やアクリル製の屋根を設けていたりすると上がれなくなってしまいます。
このお宅は、なんとか上がれましたが、雨漏り調査ですから屋根に上がらないと確認はできないので大変なんです。
古いモニエル瓦センチュリオンです。
屋根瓦はモニエル瓦というセメント瓦です。40年以上前から7年前ぐらいまで発売された瓦で、実は外資系企業の屋根材で、全世界で販売されており世界で一番使われている瓦なのです。日本では今後減少する住宅需要に見限りをつけた為、完全撤退してしまいましたが、まだまだ世界中で葺かれている瓦なのです。
モニエル瓦の塗装が褪せています。
モニエル瓦はセメントの瓦で、プレスして固めたセメントに表面に焼付塗装をした瓦なのですが、さすがに30年間経ちますと表面の塗装は劣化してまったくなくなっており、セメント基材が剥き出しです。雨仕舞的には塗装が有る無しは関係ないのですが、表面の塗装がなくなると雨の流れがわるくなり、セメントも吸水をしますので苔が生えたりして雨水の流れを妨げてしまいます。
ケラバ瓦の黄色い斑点は、苔が乾燥したものです。
雨漏りはこのケラバ際の部分下なのですが、外見上は大きな問題はありません。
下葺材のハイトンが縮んでます。
ケラバ際の瓦を外してみますと、なんと下葺材がハイトンというビニール系の下地材で、これが経年により縮んでしまい野地のコンパネが丸見えです。
これでは、風の強い横からの吹き降りで瓦の重なり目やケラバ部の重なり目から入った少量の雨水でも、即雨が漏ってしまいます。
このモニエル瓦は仕様としてアスファルトルーフィングは貼ることになっていたのですが、この当時はまだ和型瓦の土葺が多く、その時に使う下葺材のハイトンを使用した瓦屋さんも、まだまだあったのも事実です。
こうなりますと、どの部分から雨が漏ってもおかしくない状態になります。
屋根形状もシンプルで、モニエル瓦が割れたり、ズレたりしてるわけでもなく大きな問題はないのですが、下葺の防水シートがビニール系で縮んで、野地が露出してるとなると強い雨や、強い風の吹き降りなどの時には、瓦の重なり目から逆流して野地面に水が回ることがあるのですが、本来はそれぐらいの少量の雨水なら下葺材でフォローするのですが、縮んで野地が剥き出しになていては対処の仕様がなく、解決するには葺替工事しかありません。
同じような症状で、葺替工事をされた施行例がこちらになりますのでご参考にして下さい。

雨漏りにお困りの方はこちらのコラムもご覧ください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

枚方市 青い瓦の屋根からカラーベストにリフォーム工事を行います

瓦現状
完成写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
カラーベスト
築年数
建坪
保証
5年
工事費用
施工事例

寝屋川市 築40年近い屋根をいぶし瓦で葺き替え工事を行いました

工事前(和型いぶし瓦)
和型いぶし瓦完工写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
和型瓦(いぶし瓦)
築年数
約40年
建坪
保証
5年
工事費用
施工事例

寝屋川市 U瓦からMFシルキーに葺き替え工事を行いました

工事前(U瓦)
MFシルキー葺き替え工事完成です
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
MFシルキー
築年数
建坪
保証
5年
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

門真市 マンションの屋上でウレタン防水工事を行いました

屋上全景
トップコート
工事内容
防水工事
使用素材
ウレタン防水
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

門真市 破損した和瓦屋根の端3列の葺き直し工事を行いました

工事前
完成写真2
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
使用素材
釉薬瓦
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

門真市 連棟の屋根の一部をスレート瓦に葺き替えました

工事前
葺き替え工事完成
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
カラーベスト
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

守口市 屋根瓦解体処分工事

守口市で屋根の葺き替え工事を行いました。工事前は和瓦で葺かれていた屋根ですが、昨年の台風で瓦が崩れてしまっていました。補修工事を行っても今後先々の災害の事を考えると、この機会に葺き替え(ふきかえ)工事を行った方がランニングコストもお得なので...........

守口市 屋根調査をしていきます

昨年の台風21号の被害に遭われました守口市のお客様宅にお伺いいたしました。2階建ての1軒家で、瓦屋根で葺かれたお家です。はしごをかけて屋根の調査をしていきます。

門真市 入母屋の屋根調査

門真市の方より築年数も経ち、台風でさらに屋根が傷んでるため葺き替えの見積りを依頼したい、とお問い合わせをいただき調査に伺いました。屋根は入母屋の屋根でして、躯体への負荷や今後のことを考え軽量瓦に葺き替えしたいとのことでした。格式ある屋根形状...........